キックボクサー2

きっくぼくさーつー
上映日
1991年8月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

試合を引退した1人のキックボクサーが試合に引きずり出され、兄を殺したボクサーを倒し、人間的にも成長するスポーツ・アクション映画。ジャン・クロード・ヴァンダム主演作の続編で、彼は前編後に殺されたという設定で出演してはいない。監督は「サイボーグ」のアルバート・ピュン。製作はトム・カルノフスキー。脚本は「ブルージーン・コップ」のデイヴィッド・S・ゴイヤー。撮影はジョージ・ムーラディアン。音楽はトニー・リパレッティとジェームズ・サードが担当。

「キックボクサー2」のストーリー

デイヴィッド・スローン(サシャ・ミッチェル)はロサンゼルスで少年たちのためにキックボクシングのジムを開いていた。試合から引退した彼を現役に戻そうと大物プロモーターのマカイア(ピーター・ボイル)がもってくるが、彼は即座に断った。しかし、マネージャーのジャック(ジョン・ディール)はジムの窮乏を訴え、仕方なくデイヴィッドは試合に応じる。第一戦でチャンプを倒し、マカイアが麻薬を選手に使っていることを暴露して、デイヴィッドはジムを焼かれ、重傷を負わされる。彼を助けたのは兄の師匠のクシャン・チョウ(デニス・チャン)だった。一方、デイヴィッドの弟子ブライアンはマカイアの下で薬を使いながらボクサーとして頭角を顕していた。回復したデイヴィッドとチョウが彼の試合を観に行ったとき、急遽対戦相手として現れたのはトン・ポーだった。彼は兄--前作の主人公--をリング外で殺した男だった。ブライアンはトン・ポーの反則技で殺された。サンシャ(ケイリー・ヒロユキ・タガワ)を黒幕に持つ彼の目的は汚れた面目を音魚とを相手に晴らすことだった。2時間後、デイヴィッドとトン・ポーの試合が始まった。チョウの助言を得て、トン・ポーをデイヴィッドは倒した。彼は再び子供達を相手にチョウと共にジムを再開する。

「キックボクサー2」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キックボクサー2」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991年8月10日
製作会社 キングス・ロード・エンターテインメント・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「キックボクサー2」のみんなのレビュー

「キックボクサー2」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません