巨人

きょじん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「サンダーボルト(1929)」に次ぐジョージ・パンクロフト氏の主演映画で、ロバート・エヌ・リー氏の原作からウィリアム・スレイヴンス・マクナット氏とグローヴァー・ジョーンズ氏が脚色し会話をつけ「恋愛行進曲」「踊る人生」のジョン・クロムウェル氏が監督に当たったもの。主演者のほかに「裏切り者」「女の一生」のエスター・ラルストン嬢、「フーマンチュー博士の秘密」「撮影所殺人事件」のワーナー・オーランド氏、「踊る人生」ソロシーレヴィア嬢、「トレント大事件」のレイモンド・ハットン氏「グリーン家の惨劇」のモーガン・ファーレイ氏、オー・ビー・ヘギイ氏その他が出演している。キャメラは「医者の秘密」「恋愛行進曲」のジェー・ローイ・ハント氏が担任

みんなのレビュー

「巨人」のレビューを書く

「巨人」のストーリー

欧州大戦に米国が参加した頃、物語は紐育に起こる。スターキーを首領とする盗賊団にブレーク・グリースンと言う乱暴者があった。入軍の通知を受けとりながら3週間も打棄して置いて仲間と悪事の計画を回らしていたが、憲兵隊に発見され、否応言わせず佛国戦線へ送られた。彼は戦争が好きに成った。彼の死を恐れざる勇気は、遂に彼をして大尉の位置を勝ち得させた。臆病なパタースン中尉を励まして、彼は戦場で奮戦したが、パタースンは戦死を遂げる。グリースンは故国へ帰れたら、彼の実家を訪ね、彼がいかに立派に戦死したかを報告すると約束した。戦終わってグリースンは少佐に昇進し、約束通りパタースン家を訪ね、手厚い歓迎を受けたばかりか、その町の警察所長に就任するよう懇請される。グリースンはそれを快諾して町に巣食う悪漢団を一掃し始めた。昔の仲間のスターキーは手下のドヴギーや情婦のメイムを引き連れてこの町に乗込み、グリースンの助けを得ておおしごとを敢行しようとしたことが、グリースンはパタースン家の娘ルイズに感化されて、悪事を断念し、スターキー一味を向かうに回して奮戦し、遂に悪漢を制して、ルイズとの恋に成功する。

「巨人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「巨人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「巨人」のみんなのレビュー

「巨人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。