極底探検船ポーラーボーラ

きょくていたんけんせんぽーらぼーら THE LAST DINOSAUR
上映日
1977年9月10日

製作国
アメリカ 日本

上映時間
105分

ジャンル
SF 冒険

ここが見どころ

北極圏の奥地、恐竜の棲息する秘境への人間達のハンティング・アドベンチャーを描くSF。製作はアーサー・ランキン Jr.、ジュールス・バス、円谷皐、監督は「ヤング・アメリカンズ 歌え青春!」のアレックス・グラソフと「激突!若大将」の小谷承靖、脚本はウィリアム・オーヴァーガード、撮影は上田正治、音楽はモーリー・ローズ、広瀬健次郎が各々担当。出演はリチャード・ブーン、ジョン・バン・アーク、スティーヴン・キーツ、ルーサー・ラックリー、中村哲、関谷ますみなど。

「極底探検船ポーラーボーラ」のストーリー

自家用ジャンボに乗り日本へ向かうマステン(リチャード・ブーン)は、大石油会社社長であると共に、世界でも有数なハンターの1人である。彼が訪日した目的は彼の会社の極東工場での興味深い報告を聞くためだ。それは、会社で開発した石油探索のための海底タンク、ポーラ・ボーラが北極で恐竜の棲息する秘境を発見したというニュース。マステンのハンターとしての血は燃え、早速、恐竜狩りが組織された。メンバーは彼の他に、チャック(スティーヴン・キーツ)、ポーラ・ボーラの発明者の川本(中村哲)、従者の黒人ブンタ(ルーサー・ラックリー)、そして新聞記者フランキー(ジョン・ヴァン・アーク)の5人だ。彼らは北極に浮ぶ基地より、ポーラ・ボーラに乗って目的地に向かった。まず、海底を潜航、そして急上昇して火口湖へ。湖面にはプレシオザウルス、空には翼竜という世界。やがて、上陸しジャングルを進む一行をティラノザウルスが襲う。射つマステン。「なぜ射つの?恐竜を観察するのが目的のはずよ」。動物愛護者のフランキーは、マステンをせめる。恐竜の前には銃も威力を失い、ゆっくりと何事もなかったかのように恐竜は去っていった。そして、彼らの留守中、恐竜がキャンプを襲い、川本は死に、ポーラ・ボーラは恐竜にくわえられて持ち去られる。船がない以上、生還はできない。そんなある日、原始人達が彼らを襲った。手製の武器でおいはらうマステン。そんな彼に興味を持ったのか、原始人の女(関谷ますみ)が、1人一行についてきた。やがて女にヘーゼルと名がつけられた。あいかわらずマステンは恐竜を倒すことに夢中になっている。そんなある日、チャックがポーラ・ボーラを発見。悪戦苦闘の末、船を手中に収めることに成功する。出発の時は来た。が、マステンは恐竜を殺ってからだという。彼を湖岸に残し、船は出発した。やがて、1人残ったマステンは、ヘーゼルと共にどことも知れず歩みだす。そして2人の背後から、あの恐竜の鳴き声があざけ笑うかのように響いた。

「極底探検船ポーラーボーラ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「極底探検船ポーラーボーラ」のスペック

基本情報
ジャンル SF 冒険
製作国 アメリカ 日本
製作年 1977
公開年月日 1977年9月10日
上映時間 105分
製作会社 ランキン/バス=円谷プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「極底探検船ポーラーボーラ」のみんなのレビュー

「極底探検船ポーラーボーラ」のレビューを書く

「極底探検船ポーラーボーラ」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません