狂恋(1935)

きょうれん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暗殺者の家」「M」のピーター・ローレが主演する映画で、モーリス・ルナール作の「オルラックの手」を「古城の妖鬼」のガイ・エンドアが改作し、「ダンシング・レディ」のP・J・ウルフソンと「フランケンシュタインの花嫁」のジョン・L・ボルダーストンが脚色し「月の宮殿」「ミイラ再生」のカール・フロイントが監督し、「シーコウヤ」のチェスター・ライオンズと「結婚十分前」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は「結婚十分前」のフランセス・ドレイク、「フランケンシュタインの花嫁」のコリン・クライヴ、「死の本塁打」のテッド・ヒーリー、「紅雀」のセーラ・ヘイドンその他。

「狂恋(1935)」のストーリー

パリで有名な外科の大家ゴーゴル博士は「恐怖座」の女優イヴォンヌ・オーラックに魅せられて夜毎劇場に通ったが、ついに千秋楽の夜がきて彼女を楽屋に訪れた。イヴォンヌには結婚後1年間別居していたピアニストの夫スチーヴン・オーラックがあり、彼と同棲するため、再び舞台を踏まぬ決心をゴーゴルに打ち明けた。博士は痛く失望したが、せめてもと劇場に飾って合った彼女の塑像を譲り受け自分の住宅に置いて眺めては心を慰めていた。しかし2人の交渉はそれで終わらなかった。イヴォンヌの夫スチーヴンは列車事故に遭って両手を切断せねばならぬ事になってその手術がゴーグルの手で行われた。彼は再び用をなさぬスチーヴンの手の代わりに死刑囚ロロの手をつなぐ事に成功した。ロロはサーカスの「剣投げ」の芸人だった。快復したスチーヴンの手はピアノが弾けないのは勿論、不思議な事に本能的に刃物を投げたがった。そのために彼は危うく継父と争って彼に刃物を投げつけて殺そうとして失敗したが、その晩継父は何物かに刃物で殺されてしまった。嫌疑は勿論スチーヴンの上に懸かった。一方ゴーゴルはスチーヴンの危機を幸い、悪策をそうしてイヴォンヌを手にいれんと焦った結果、ついに悪策が暴かれてスチーヴンの手に敢えなき最後を遂げた。そしてスチーヴンの継父を殺したのもゴーグルだという事が最後に発覚した。

「狂恋(1935)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「狂恋(1935)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 M・G・M映画
レイティング

「狂恋(1935)」のみんなのレビュー

「狂恋(1935)」のレビューを書く

「狂恋(1935)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません