恐竜グワンジ

きょうりゅうぐわんじ
上映日
1969年7月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ウィリアム・バストの脚本の「チビッコの大脱走」のジェームズ・オコノリーが監督した怪獣もの。撮影は「栄光の座」のアーウィン・ヒリアー(ダイナメーションという特撮方法を使用)音楽は「レーチェルレーチェル」のジェローム・モロス、編集はヘンリー・リチャードソンが担当した。出演はテレビ「ミスター・ノバック」のジェームズ・フランシスカス、「愚か者の船」のギラ・ゴランほか。製作はチャールズ・H・シニア、共同製作と特殊効果をレイ・ハリーハウゼン。

みんなのレビュー

「恐竜グワンジ」のストーリー

1912年頃。メキシコに住むジプシーのカルロスは“禁断の谷”と呼ばれている渓谷の入り口で兄が死んでいるのを発見した。何者かによって、ひどく攻撃され、手には麻袋を握っている。そして数年。カルロスは近くの町のサーカスに入った。女座長のテレサ(ギラ・ゴラン)のもとで働いていたが、ある日のこと、テレサのかつての恋人で、今はライバルのサーカスで働くタック(ジェームズ・フランシスカス)がやって来た。カルロスは、例の麻袋を彼に見せ、彼は古生物学者に見せた。すると、その袋の中身は、すでに5000年前に死に絶えたはずの動物だという。それを聞いたサーカスの連中、これは商売になると、ジプシーたちに道案内させ、禁断の谷に向かった。そこは、世にも恐ろしい怪獣の谷だった。とりわけ、グワンジと呼ばれる怪獣は身の丈35メートルもある。怪獣どおしの血みどろの争いも展開され、カルロスは殺される。しかし、ふとしたはずみに、グワンジは、落ちてきた岩石の下敷きとなり、身動き出来なくなった。一行はグワンジを生け捕りにして帰り、サーカスの見せ物とした。さて開幕の日、グワンジは暴れ出し町は大騒動。町はずれの寺院まで追いつめたが捕まえるすべもない。その時タックは、寺院にあった中世の槍をグワンジの頭がい骨めがけて打ちこんだ。さすがの恐竜にも致命的な一撃であった。苦しみにのたうち、燃えるランプを倒し、炎のかたまりと化した寺院の中で、息絶えていった。

「恐竜グワンジ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恐竜グワンジ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1969年7月19日
製作会社 チャールズ・H・シュニアー・プロ
配給 ワーナー
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「恐竜グワンジ」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「恐竜グワンジ」を観ているあなたにおすすめの映画