恐怖の一夜(1950)

やきょうふのいちや
上映日
1953年8月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「我が心の呼ぶ声」と同じくサミュエル・ゴールドウィンが製作し、マーク・ロブソンが監督にあたった1950年作品で、貧しい教区に起こった殺人事件をめぐる物語。レオ・ブラディの原作小説に基づいて、「探偵物語」のフィリップ・ヨーダンが脚色した。撮影は「ヴァレンチノ」のハリー・ストラドリング、作曲は「外套と短剣」のヒューゴー・フリードホーファーの担当。主演は「三つの恋の物語」(第2話)のファーリー・グレンジャー、「愚かなり我が心」のダナ・アンドリュース、「山のロザンナ」のジョーン・エヴァンスで、ロバート・キース「烙印」、ポール・スチュワート「チャンピオン」マラ・パワーズ「シラノ・ド・ベルジュラック」、アデール・ジャーゲンスらが助演する。

「恐怖の一夜(1950)」のストーリー

大都会の裏街にある聖スティヴンス教会は、貧しい教区をかかえ、伝導にもいつも苦難がつきまとった。助手のヘイマー神父はこの教会を去りたいとロス神父(ダナ・アンドリュース)に申し出たが、そのとき、ロス神父はかつて自分がある若い殺人犯によって真の神の道を教えられた体験を語った。その青年はマーティン(ファーリー・グレンジャー)といい、花屋に勤め病母を養っていた。僅かな給料で彼は母に満足な手当もできず、恋人ジュリー(マラ・パワーズ)との結婚も思いもよらなかった。やがて母は死んだ。当時教会はカークマン老神父が管理し、ロス神父は助手だった。老神父はかつてマーティンのならずものの父が自殺した時、神に背いた自殺者は葬れぬと教会葬を断ったことがあり、マーティンはそれ以来教会を憎んでいた。だから信仰の厚かった母には立派な葬式をと激しく要求したが、老神父は丁度娘のリタ(ジョーン・エヴァンス)が家出したという報せに不機嫌だったし、貧しい教会にとって応じかねる要求だったので拒絶した。マーティンは逆上して老神父を殺害し、帰途、映画館の売上金強奪犯人と間違われ、警察へ連行された。しかしロス神父の弁護で確証のないまま釈放された。その間に母の遺骸は葬儀社に移され慈善葬の手続きがしてあった。映画館強盗の犯人グレイグは、神父殺しの容疑で逮捕された。一方、マーティンは花屋の主人に葬儀のために花を大量に貸売りしてくれと頼んでクビにされてしまい、更に葬儀社に来て金はあとで払うから立派な葬式をしてくれと頼んだが、これも相手にされなかった。彼はジュリーに真実を告白しようとしたが言い出せず、それとなく彼女に別れを告げた。目撃者による、殺人容疑者の首実験の結果は、証人の錯覚からクレイグが犯人と指摘され、マーティンに対する嫌疑は晴れた。しかしマーティンは良心の呵責に堪えかね、母の遺骸の前で泣いて告白した。この告白をいつかロス神父は彼の後で聞いていた。マーティンは心から悔いて自首して出た。ー―ロス神父の話で、ヘイマー神父はこの教区のためにつくす勇気が湧いてきた。

「恐怖の一夜(1950)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恐怖の一夜(1950)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1950
公開年月日 1953年8月4日
製作会社 S・ゴールドウィン映画
配給 大映洋画部
レイティング

「恐怖の一夜(1950)」のみんなのレビュー

「恐怖の一夜(1950)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。