恐怖の一夜(1922)

やきょうふのいちや
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

「嵐の孤児」に続いてデイヴィッド・W・グリフィスが製作した映画で、アイリーン・シンクレアーの原作になるミステリー・コメディーである。主役は「愛の花」「夢の街」等出演のキャロル・デンプスター。

「恐怖の一夜(1922)」のストーリー

アグネス・ハーリントンはジョン・フェアファックスの邸へ招待されて滞在していた。彼女の許嫁なるウィルスン・ロックメインも一緒に滞在していたが、その邸へ酒の密造者が隠してある金を取りに忍び込んできたので怪事件が続々と起こり、2つの殺人事件が起こって、猛烈な嵐の一夜、世にも恐ろしいクライマックスが起こったが、ウィルスンの悪事露はれ、アグネスとジョンとは結婚する。

「恐怖の一夜(1922)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恐怖の一夜(1922)」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイテッド社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「恐怖の一夜(1922)」のみんなのレビュー

「恐怖の一夜(1922)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。

「恐怖の一夜(1922)」を観ているあなたにおすすめの映画