兄弟はみな勇敢だった

きょうだいはみなゆうかんだった All the Brothers were Valiant
上映日
1954年4月1日

製作国
アメリカ

上映時間
95分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「黒騎士」と同じくパンドロ・S・バーマンが製作し、リチャード・ソープが監督したテクニカラー海洋劇1953年作品。ベン・エイムズ・ウィリアムズの小説を「陽のあたる場所」のハリー・ブラウンが脚色した。撮影は「百万弗の人魚」のジョージ・フォルシイ、音楽は「アスファルト・ジャングル」のミクロス・ローザの担当。主演は「クオ・ヴァディス」のロバート・テイラー、「悲恋の王女エリザベス」のスチュワート・グレンジャー、「世界を彼の腕に」のアン・ブライスで、「聖衣」のベッタ・セント・ジョン、「三銃士(1948)」のキーナン・ウィン、「アスファルト・ジャングル」のジェイムズ・ウィトモア、「リリー」のカート・カズナー、「ゼンダ城の虜(1922)」のルイス・ストーンらが助演する。オリジナル版は101分。

「兄弟はみな勇敢だった」のストーリー

マサチューセッツ州の漁港ニュー・ベッドフォードに住むショア家は代々捕鯨にたずさわり、男たちはみな海に死んだ。同家の航海日誌はいつも『兄弟はみな勇敢だった』という言葉で結ばれていた。ところがこの一家に面白くない事件がおきた。捕鯨船ネイザン・ロス号の船長として乗り込んだマーク・ショア(スチュワート・グレンジャー)が謎の失踪をとげ、2年余の間消息不明となったのだ。ショア家を信頼する船主エイサ・ワースンは、マークの弟ジョエル(ロバート・テイラー)をネイザン・ロス号の船長に任命した。ジョエルは幼馴染みのプリシラ(アン・ブライス)と結婚して、共々マークを探す航海の途にのぼった。捕鯨をつづけながら船は、6ケ月ぶりでギルバート諸島のテュブアイに錨をおろした。そこへ思いがけなくマークが姿を現わし、ジョエルに問われるままに、不思議な体験を物語った。ーひどい熱病にかかっていたマークは、原住民の太鼓の音に誘われるように海へとびこみ、島にたどりついてそのまま意識を失った。気がついてみると、枕許に可愛い原住民の女(ベッタ・セント・ジョン)がつきそっていた。島の習わしで2人は結婚した。マークはまた熱病をぶりかえし、悪夢につかれて3人の白人と争い、かれらと奇妙な関係を結ぶことになった。マークは妻と3人の白人と一緒に真珠採取に出かけ、大真珠を見つけたことから仲間争いをおこし、白人たちは死に、マークの妻は原住民の槍に殺され、採取した真珠は海中に落ちてしまった。マークは原住民に追われて急いで逃げ帰って来たのだった。ージョエルはマークの失踪が熱病のためと知って安心した。だがマークは捨てた真珠をひき上げに行くと主張し、ジョエルは断乎これを拒否した。この話は忽ち船中にひろがり、船員たちはマークに擁して叛乱を起し、プリシラまでが夫を優柔不断だと非難した。閉じこめられたジョエルは、扉を破って船員たちに闘いを挑んだ。だが孤立のジョエルは危機に追いこまれた。マークはやはり弟の危機を見捨てるに忍びず、彼の味方に立って殺された。平和はよみがえり、プリシラは夫に自分の不明を詫びた。

「兄弟はみな勇敢だった」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「兄弟はみな勇敢だった」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1953
公開年月日 1954年4月1日
上映時間 95分
製作会社 MGM映画
配給 MGM映画会社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「兄弟はみな勇敢だった」のみんなのレビュー

「兄弟はみな勇敢だった」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。