恐喝(1939)

きょうかつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「最後のギャング」のエドワード・G・ロビンソン主演映画で、エンダー・ポーム、ドロシー・ヨースト合作、デイヴィッド・ヘルツ、ウィリアム・ルドウィグ脚色「カッスル夫妻」のH・C・ポッター監督、「噫初恋」のクライド・デ・ヴィナ撮影、「大都会」のルース・ハッシー、ジーン・ロックハート、ボブス・ワトスン助演。

「恐喝(1939)」のストーリー

無実の罪で投獄されたジョン・ハーントンは、脱獄してジョン・イングラムと名乗り、危険な油田火事消防の仕事を始め、忠実な部下ムースの助けを得て事業に成功し、妻ヘレンとの間に一子を設けて幸福な家庭生活を送っていた。ところがある日彼の昔の仲間であったレミイが、油田火事のニュース映画で彼の顔を見て訪ねて来たので、ジョンは止むなく、最近買求めた油田事業に使ってやった。この油田事業が順調に進んだ頃、レミイは昔ジョンの背負された罪状の真犯人は自分であることを打明け、もし自分の家族の面倒を見てくれた上、5000ドルの金をくれれば告白書に署名してジョンが晴天白日の身にしてやると申し出た。そこでジョンは彼の言葉を信じ金を送ったが、レミイは彼を裏切って告白書を送る代りに、ジョンが脱獄囚であることを警察に密告した。かくしてジョンは再び苦役に従わねばならぬ身上となり、かつて彼に逃亡されたため左遷された獄吏ローリンスに虐げられたが、レミイへの復讐に燃えたつジョンは同囚ディッグスと計って再び脱獄を企てた。幸にして彼一人は辛くもそれに成功して家族の許を訪れたが、当局の警戒は厳重で、その上彼の油田を横領したレミイは、脱獄の噂を聞いて復讐を恐れ欧州へ高飛びしようと計っていた。その時レミイの油田が火を発したので、やむなく彼は飛行機で現場へかけつけた。それは彼を引きよせるために、ジョンが放火したのであった。ものすごい油田火事を背景にジョンはレミイを捕え、猛火の中へ諸共に引きずり込もうとした。ムースが警官を率いてその場へかけつけた時、狂気のようになったレミイは、命をおそれて一切の罪を告白したので、ジョンは今度こそ本当に晴天白日の身となり、油田を取りかえした上に、再び懐しい妻子と幸福な家庭生活を営めるようになった。

「恐喝(1939)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恐喝(1939)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1939
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング

「恐喝(1939)」のみんなのレビュー

「恐喝(1939)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません