吸血鬼(1967)

きゅうけつき The Fearless Vampire Killers
上映日
1969年9月14日

製作国
アメリカ

上映時間
108分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

いわゆるバンパイヤものを恐さだけではなく笑いで味付けしたもので監督は「ローズマリーの赤ちゃん」のロマン・ポランスキー。脚本は彼と「反撥」のジェラール・ブラックとの共同オリジナル。撮影は「召使」のダグラス・スローカムでイタリア北部のドロミテ・アルプスでロケされた。音楽は「水の中のナイフ」「花弁が濡れるとき」のポーランドの作曲家クリストファー・コメダ、美術監督はウィルフレッド・シングルトンとフレッド・カーター、編集はアリステア・マッキンタイア、衣装はソフィー・デンバインの担当である。出演は「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のジャック・マッゴーラン、「哀愁の花びら」のシャロン・テイト、「アルフィ」のアルフィー・バス、「女の香り」のファーディー・メイン、ボクシング・ミドルウェイト級の世界チャンピオンだったテリー・ダウンズ、それにポランスキー自身が教授の助手役で出演している。製作は「反撥」ポランスキーと組んだ新進のジーン・グトウスキー。ビデオタイトル「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」。

「吸血鬼(1967)」のストーリー

アブロンシウス教授(ジャック・マッゴーラン)は助手のアルフレッド(ロマン・ポランスキー)を連れてバンパイヤ(吸血鬼)退治の旅を続けていた。彼らの武器は十字架のついた小さな杭と、木づちだけ。バンパイヤを見つけ出して杭を心臓に打ち込み、人々を恐怖から救い出すのが目的だ。そして、トランシルバニア(ルーマニア西部)の片田舎の宿にたどり着いた。どうやらこの辺がくさい。にんにくが天井から下り、いかにもバンパイヤを恐れている感じ。陽気な宿屋の主人シャガル(アルフィー・バス)も教授の質問には妙におろおろ。その夜、教授がシャガルの後をつけると女中マグダの部屋に入っていく。それをみつけて女房レベッカは大騒ぎ。翌朝、クーコルが宿に買物にやって来た。彼も、なにやら、怪しい人物。助手のアルフレッドが後をつけると案の定クーコルは森の中で生きた狼をがぶり。真赤な血を口のまわりにいっぱいつけて現れた。彼はバンパイヤの一味に違いない。宿に戻ったアルフレッドは、ここの娘で無類に風呂好きの美しい娘サラ(シャロン・テイト)と出会う。その美しさに一目惚れ。そしてある夜、風呂に入っている彼女を、カギ穴からのぞいていると、突如天井から現れた赤マントの怪しい老紳士。またたくまに彼女をさらい消えていく。あとには血に染まった風呂桶があるばかり。おお彼こそはバンパイヤ!そしてサラはもちろんのこと、シャガルもバンパイヤの毒牙にかかってしまった。そして女中のマグダも。教授と助手は2人を追ってバンパイヤの城へ。そこには城主のクロロック伯爵(ファーディ・メイン)や息子ハーバート(イアン・カリエ)らがいる。そのうえ息子はホモ男。アルフレッドに襲いかかる。バンパイヤを殺し、サラを助けださねばならないのに……。そしてある夜、墓からたくさんのバンパイヤたちが現れ、世にも恐ろしい、だが、このうえもなく耽美な舞踏会が開かれた。教授と助手もまぎれ込み、優雅に踊ったまではよかったが見破られてしまった。大騒ぎの末、どうにかサラを救い出し、城を脱出した。バンパイヤ殺しは出来なかったが愛するサラを救い出せたのでアルフレッドは満足だ。帰りのソリの中。アルフレッドがサラにキスしようとしたら、逆に彼女の方からガブリ。みると彼女の形相はバンパイヤのもの。そしてアルフレッドの、のどもとにはキスマークとは程遠いバンパイヤ・マークがついてしまった。吸血鬼殺しが吸血鬼になってしまった……。

「吸血鬼(1967)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「吸血鬼(1967)」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1969年9月14日
上映時間 108分
製作会社 フィルム・ウェイズ/カドレ
配給 MGM
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 モノラル

「吸血鬼(1967)」のみんなのレビュー

「吸血鬼(1967)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません


「吸血鬼(1967)」を観ているあなたにおすすめの映画