キャント・バイ・ミー・ラブ

きゃんとばいみーらぶ Can't Buy Me Love
上映日
1988年3月19日

製作国
アメリカ

上映時間
95分

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

ザ・ビートルズの同名ヒット曲を主題歌に、恋の駆け引きに明け暮れる青春を描く。製作はトム・マウント、監督は「バディ・ホリー物語」(78)のスティーヴ・ラッシュ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェレ・ヘンショーとロン・ベックマン、脚本はマイケル・スウェドリック、撮影はピーター・リヨンズ・コリスター、音楽はロバート・フォークがそれぞれ担当。出演はパトリック・デンプシー、アマンダ・ピーターソンほか。

「キャント・バイ・ミー・ラブ」のストーリー

高校の最終学年進級を目前に控えたロナルド・ミラー(パトリック・デンプシー)の夏休みは芝刈りアルバイトの毎日だった。新学期が始まると、彼は幼なじみのケネス・ワーマン(コートニー・ゲインズ)ら“ボケ”と呼ばれるグループでトランプをする日々。ロナルドは、チアリーダーのプリンセス、シンディ・マンシーニに憧れているが、声もかけることができない。新学期パーティの時、シンディは母親から借りたスエード・スーツに赤ワインをかけられてしまう。翌日、店でスーツを交換しようとするが、とても元通りにはならない。その様子を見ていたロナルドは、服の代金1000ドルを払う代わりに、1カ月間自分と恋人のふりをしてくれとシンディに頼む。人気者のシンディと“ボケ”のロナルドのカップルは学校中の注目を浴び、最初はただの契約のつもりだったシンディも段々とロナルドに魅かれてゆく。だが人気に浮かれるロナルドはシンディを振り、皆の人気は一層彼に集まる。ニュー・イヤー・イヴのパーティに、シンディの昔からの恋人ボビーがやって来てロナルドにつめ寄る。ついにシンディは皆に、1000ドルで恋人を頼まれたことをバラしてしまう。ロナルドは学校の皆から完全に無視され、ようやく自分の愚かさに気づく。ロナルドはシンディに謝りに行くが、すぐには相手にされない。だがやがて、シンディは自分の方から、やり直しましょうと言ってくれるのだった。

「キャント・バイ・ミー・ラブ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キャント・バイ・ミー・ラブ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1988年3月19日
上映時間 95分
製作会社 シルヴァー・スクリーン・パートナーズ3/アポロ・ピクチャーズ作品
配給 ジョイパックフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「キャント・バイ・ミー・ラブ」のみんなのレビュー

「キャント・バイ・ミー・ラブ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。