キャメロット(1967)

きゃめろっと Camelot
上映日
1967年12月21日

製作国
アメリカ

上映時間
179分

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

T・H・ホワイトの小説「円卓の騎士」を「マイ・フェア・レディ」のコンビ、アラン・ジェイ・ラーナーが劇化と作詞をし、フレデリック・ローが作曲した、ブロードウェーのヒット・ミュージカル「キャメロット」の映画化。この映画化にあたっては、ラーナー自身が自らの戯曲を映画用に脚色し、「南太平洋」のジョシュア・ローガンが監督した。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はロウの作曲になるものをアルフレッド・ニューマンが音楽監督にあたり、振付はバディ・シュワブ、美術はエドワード・キャレア、衣裳はジョン・トラスコットがそれぞれ担当した。出演は「天地創造」のリチャード・ハリス、「欲望(1966)」のヴァネッサ・レッドグレーヴ、「真昼の用心棒」のフランコ・ネロ、ほかにデイヴィッド・ヘミングス、ライオネル・ジェフリーズ、ローレンス・ネイスミス、アンソニー・ロジャース、ピーター・ブラミロウなど。製作はジャック・L・ワーナー。

「キャメロット(1967)」のストーリー

他国との争いには常に勝利をおさめ、敗れることを知らなかったアーサー王(リチャード・ハリス)の胸にある日ふと、力のみが正義なのか? 勝てばそれでよいか?といった疑いが胸をかすめた。王妃グエナビア(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)の賛成をえて、アーサー王は新しい騎士制度の創設を思いたちすべての国王に武器を捨て我がもとへ集まれと招き乞うた。こうして、後世に名高き騎士たちのための円卓が生れ、平和の楽園“キャメロット”が生れた。呼びかけは海峡をこえ、勇名たかき、フランスのランスロット(フランコ・ネロ)もそれに応じた。アーサー王への献身を誓ったのちの宴席でランスロットははじめてグエナビアを知り、そのあまりの美しさに、おさえがたい愛を感じた。道ならぬ恋の苦しみからのがれるため、ランスロットは剣の遠征に出発し、行くさきざきで敵をたおし、アーサー王への恭順を誓わせていった。やがて帰ってきたランスロットの勇名は以前にもまして高まり、グエナビアへの恋情も深まっていった。人々がそれに気づかぬはずはなく、噂は徐々に広まり、ついに王の耳にもはいった。証拠のない噂などと一笑に付したものの、アーサー王の苦悩は深かった。その悩みの解決の糸口を予言者に求めようとしたアーサー王は、庶子モードレッドの悪だくみで森に迷いこみ、グエナビアとランスロットの逢いびきの現場にでくわしてしまった。必ず助けにくると言いのこし、ランスロットはフランスに逃げ帰ったが、残されたグエナビアには火あぶりの刑がきまった。グエナビアを愛しているアーサー王は、不本意ではあったが、王としての立場上、この処刑に同意せざるをえなかった。処刑の時がきて、今まさに点火されようとする瞬間、ランスロットに率いられた軍隊がせめ入り、グエナビアは連れ去られた。平和のための円卓の理想はやぶれた。アーサー王とランスロットは再び剣をとり待峙した。グエナビアはアーサー王にすがり、なんとかもとの平和をと願ったのだが、すでにまわりはじめた戦争への歯車はとめようもなく、余生を神と生きるべく修道院へと去っていった。こうして世は再び戦いの時をむかえ平和の楽園はくずれ去っていった。

「キャメロット(1967)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キャメロット(1967)」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1967年12月21日
上映時間 179分
製作会社 ワーナー・ブラザース=セブン・アーツ
配給 ワーナー・ブラザース=セブン・アーツ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 4chステレオ

「キャメロット(1967)」のみんなのレビュー

「キャメロット(1967)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません