キャベツ畑のおばさん

きゃべつばたけのおばさん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「恋と胃袋」「恋の手ほどき(1933)」のノーマン・タウログが監督に当たった映画で、アリス・ヒーガン・ライスとアン・クローフォード・フレックスナー競作の舞台劇を「ボクは芸人」「ベンガルの槍騎兵」のウィリアム・スレイヴンス・マクナットと「風の接吻」「坊やが盗まれた」のジェーン・ストームと共同脚色した。主役は映画初出演の舞台女優ポーリン・ロードが勤め、「かぼちゃ太夫」のW・C・フィールズ、「泥酔夢」のザス・ピッツ、「明日なき抱擁」のイヴリン・ヴェネブル及びケント・テイラー、「ますらを」のジミー・バトラー及びジョージ・ブレイクストン、「絢爛たる殺人」のチャールズ・ミドルトン、ドナルド・ミーク、子役ヴァージニア・ワイドラー等が助演している。撮影は「ベンガルの槍騎兵」「恋と胃袋」のチャールズ・ラングの担任。

「キャベツ畑のおばさん」のストーリー

オハイオ州のメイソンヴィルの田舎に貧しいウイグス一家が住んでいた。父親のウイグスはアラスカへ金を探しに行くと言って出掛けたまま音信不通だった。ウイグス夫人はキャベツ畑のそばに小屋を立て、そこで5人の子供を抱え、賃仕事をしながら夫の帰りを待っていた。感謝祭の前日になったが、ウイグス夫人は子供たちへの明日の御馳走さえ作れなった。そこへウイグス家の同情者であり、メイソンヴィルの名家であるオルコット家の令嬢ルシイが訪れて七面鳥や数々の御馳走を贈った。また長男のビリイが捨てられた病馬を見つけて来、ウイグス夫人や燐家のオールドミスのヘイヂイ嬢の介抱で奇蹟的に元気を回復した。次男のジミイが不治の病なのが1つの苦の種ではあったが、そうして一家は明るい感謝祭を迎えた。ルシイの恋人ボップは土地の新聞の主筆で、感謝祭の非にウイグス家を訪れたとき、ジミイが病床で苦しんでいる様を見、早速友達の病院に無料で入院させてやり、所在不明のウイグス氏に彼の留守宅の不幸を新聞で知らせてやった。翌日ウイグス一家の者は「ミラー」のレヴュウをボップの情けで見物に出掛けたが、その開幕中に入院していたジミイが危篤となり、駆けつけた母に抱かれて死んだ。やがてメイソンヴィルに鉄道が敷かれる事となり、ウイグス家の土地は1000ドルで買い上げられる事になった。ところが25ドルの借金をたてに雑貨屋のバグビイが土地を横取りしようとした。金を返すか立ち退くか、約束の日の12時に後2分というとき、ウイグス氏がボップの出した新聞広告を見て帰って来、借金を払った。この金はビリイの急報で駆けつけたボップがウイグスのポケットに忍ばせてやったのだった。ウイグスはアラスカで成功したのではなかった。彼の持っていた旅費ではその途中までしか行けず、ついに救世軍の世話になって帰って来たのだった。しかしもう立ち退く必要もなく父を加えてこの一家には又春がめぐって来た。そして親切なボップはかねて恋仲のルシイと結婚した。

「キャベツ畑のおばさん」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キャベツ畑のおばさん」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「キャベツ畑のおばさん」のみんなのレビュー

「キャベツ畑のおばさん」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。