キャバレーの秘話

きゃばれーのひわ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「懐しのアリゾナ」「熱沙果つる所」と同じくアーヴィング・カミングス氏の監督作品でウォーレス・スミス氏の原作から「街の天使」「クリスティナ」のマリオン・オース女史が脚色した。主役を演ずるのは「母ぞよく知る」「空中サーカス」のルイズ・ドレッサー夫人で他に「赤い酒」「無頼漢(1928)」のジューン・コリアー嬢、アラン・レーン氏、オスカー・アッフェル氏、ポール・ニコルソン氏等が助演している。キャメラは「紅の踊」「極北恋の滑走」のチャールズ・クラーク氏が担任。

「キャバレーの秘話」のストーリー

ニューヨークの酒場の女将をしているメームはある時旅行の途中故郷の町を通過したが、その時若い女優の一団が彼女の汽車に乗り合わせた。メームもその昔ヴォードヴィルの女優として人気を博したことがあったので、この女優の一団を懐かしげに眺めていたが、その中の一人の娘は特にメームの注意をひきつけた。娘の名はリンダと言って舞台に立つのはこれが初めてだとのことでメームはリンダに言い知れぬ親しみを覚え種々と話しかけるのであった。ニューヨークの酒場に帰ったメームはアルという男の訪問をうけたがメームは面会を躊躇した。それもその筈アルこそはその昔メームの恋人なのであった。思い切って彼女が面会して見るとアルはリンダを連れていた。アルの金力と勢力とによってリンダは或る歌劇の主役を務めることになったが予期していた成功を収めることは出来なかった。アルは遂に色魔の本性を表してリンダの貞操を汚そうと企んだ。計らずもこれを知ったメームは身を挺してアルの悪計をあばき、リンダの身の良きように計らってやった。何が故にメームがこれほどまでに自分に尽してくれるのかリンダにはよく判らなかったが、実はメームこそはリンダの産みの母親なのであった。救われたリンダは故郷へ帰り、そこに待つ恋人ジェリィとともに楽しい生活に入った。一方メーム母子の名乗りもせず苦しい胸をやるせない唄でまぎらして酒場に暮らしていた。

「キャバレーの秘話」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キャバレーの秘話」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「キャバレーの秘話」のみんなのレビュー

「キャバレーの秘話」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「キャバレーの秘話」を観ているあなたにおすすめの映画