キャバレエの鍵穴

きゃばれえのかぎあな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「バワリイ」に次ぐ20世紀映画社作品でニューヨークデイリー・ミラー紙の記者で醜聞暴露で人気あるウォルター・ウィンチェルが書いた物語を、「一千万ドルの醜聞」「暗夜行路」と同じくジーン・タウンとグレアム・ベイカーが共同脚色し、「お仰いましたわネ」「栄光のハリウッド」のローウェル・シャーマンが監督にあたった。出演者は「米国の暴露」「一千万ドルの醜聞」のコンスタンス・カミングス、エイブ・ライマン・ジャズ管絃団のクルーナーたるラス・コロンボ、舞台からの新人ポール・ケリーが主なるもので、ナイトクラブ女将として悪名を挙げた故テキサス・ガイナンを始め、ブロッサム・シーリー、フランセス・ウィリアムス、エディー・フォイ・ジューニア等のボロードウェイの人気芸人連が助演するほか「妾は天使じゃない」「六百万交響楽」のグレゴリー・ラトフ、「蒼白いまぶた」「コンゴ」のC・ヘンリー・ゴードン、ヒュー・オコネル、ヘレン・ジェローム・エディー等が顔を見せる。カメラは「バワリイ」のバーネー・マルギルで、舞踏振り付けはジャック・ハスケルの担当である。

「キャバレエの鍵穴」のストーリー

フランク・ロッキーはニューヨークブロードウェイで小鳥商を表看板にしているギャングスターである。ある日幼なじみのエスター・ウィーランに頼まれてその妹ジョーンをクラブ・ケイリーという有名なナイトクラブのコーラス・ガールに世話してやった。ロッキーは純真なジョーンに誠の恋を感じる様になり、一度は欲望をとげようかと思ったが、あまりにも清純な彼女の気持ちに感動して彼女が許すまでは犯すまいと決心した。そしてひそかにクラブ・ケイリーを買収してジョーンをスターに取り立てさせた。ロッキーの勢力を嫉む他のギャングが争闘を始めたので、彼はジョーンの身を案じてフロリダのマイアミへ遊びにやった。マイアミで彼女は人気者のクルーナー、クラーク・ブライアンと恋におちた。それを知らされたロッキーは直ちに彼女をニューヨークへ呼び戻した。ジョーンはクラークに万一のことがあってはならぬと思い、後を追って来たクラークを避けて会わなかった。するとクラークはクラブ・ケイリーの楽屋に彼女を訪ねて来た。それと知って怒ったロッキーはジョーンを外に出してクラークと2人きりとなった。臆病者と言われ自らも臆病を認めているクラークは、ギャングスターと相対しても怖れなかった。ジョーンに対する恋が遂げられなければ死んでもいいという突き詰めた心がクラークを強くしたのであった。彼は怖れるところなくジョーンを自分にくれるか自分を殺すかしてくれ、とロッキーに正直に頼んだ。その真心に打たれ、且つはジョーンが自分を信じていること、そのジョーンがクラークを愛していることを思って、ロッキーはあっさりクラークとジョーンの間を許した。ところが結婚式の日ジョーンはギャングに誘拐されてしまった。それはロッキーを嫉むクロウリーというギャングスターの仕業だった。ジョーンを助けに赴いたロッキーは官憲の銃火に倒れた。傷ついた身をベッドに横たえて、ロッキーはジョーンの無事を悦んだ。そして弟分のチャックがクロウリーを倒したという知らせに微笑みながらブロードウェイの電飾をじっと見つめるのだった。

「キャバレエの鍵穴」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キャバレエの鍵穴」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
レイティング

「キャバレエの鍵穴」のみんなのレビュー

「キャバレエの鍵穴」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。