客間の燭台

きゃくまのしょくだい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「女性暴君」「仮面の男(1933)」のエリッサ・ランディと「戦線の嵐」のポール・ルーカルとが共演する映画で「透明人間」「魔の家(1932)」のジェームズ・ホエールが監督したものである。原作はジークフリード・ガイヤーの戯曲で、それを「夫婦戦線」のハンス・クレーリー、「あけぼの」のルース・カミングスがE・ヒュー・ハーバート、カレン・デ・ウォルフと協力して映画に脚色した。助演者は「風雲の支那」のニルス・アルター、「南方の放浪者」「最後の一人まで(1933)」のエスター・ラルストン、それからドロシー・レヴィアー、ローレンス・グラント、ウォーバートン・ギャンブル、等で、撮影は「摩天楼の悲劇」と同じくジョン・J・メスコールが担当している。

「客間の燭台」のストーリー

公爵のアルフレッド・フォン・ロムマーはウィーンで贅沢な暮らしをしていた。そして色々と女性との危ない交渉をもっていたが、それは忠僕のヨセフの計らいで巧みに大事に到らずして食い止められていた。が、その公爵もフォン・バリン男爵夫人とのことでは夫の男爵に踏み込まれて相当ひどい目にあったので、公爵はヨセフの勧めるままにモンテ・カルロの別荘に余韻の冷めるまでしばし出かけることにした。その途中、列車中でヨセフは貴婦人らしい立派な荷物を持っているマリーという女性と近づきになった。が、マリーの方でもヨセフが持っていた公爵の荷物を見て彼を高貴の人と思い込んでしまった。列車が停車したとき、ヨセフとマリーとは車を降りてたがいに汽車にでてしまうのも気づかずに面白いときを過ごしたが、いざというときにマリーは巧みに姿を隠してしまった。モンテ・カルロに着いてからヨセフは公爵に高貴の女性と恋におちたことを打ち明けマリーを探しだして、自ら公爵に鳴り済して彼女を公爵になり済して彼女を公爵の別荘に招待した。が、このマリーというのも実はフォン・リッシェンハイム男爵夫人の侍女であって、ヨセフを公爵と思い込んだ彼女の方も、男爵夫人になりすまして彼を訪問して来た。だが、これを実際に我妻が公爵を訪問したことと思い違えたフォン・リッシェンハイム男爵は大いに憤って公爵の家へ踏み込んで行った。出、それから事件が色々と縺れて大騒動になったが、結局、ヨセフとマリーとがたがいに己の実の素性を赤下ので、ことはうまく納まった。そして、ヨセフとマリーとの恋が成立したことはいうまでのないことであろう。

「客間の燭台」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「客間の燭台」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 ユニヴァーサル映画
レイティング

「客間の燭台」のみんなのレビュー

「客間の燭台」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「客間の燭台」を観ているあなたにおすすめの映画