がんばれ!ベアーズ 特訓中

がんばれべあーずとっくんちゅう
上映日
1977年12月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

あのガラクタ・チーム『ベアーズ』が、リーグ代表としてアストロドーム球場で大試合を展開していく姿を描く。製作はレオナード・ゴールドバーグ、監督は当年弱冠27歳のマイケル・プレスマン、脚本はポール・ブリックマン(ノヴェライゼーション/リチャード・ウッドリー著、二見書房刊)、原案はビル・ランカスター、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はクレイグ・セイファンが各々担当。出演はウィリアム・ディヴェイン、クリフトン・ジェームズ、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジミー・バイオ、クリス・バーンズ、エリン・ブラントなど。

「がんばれ!ベアーズ 特訓中」のストーリー

カリフォルニアの少年野球チーム『ベアーズ』が、ノース・ヴァレー・リーグで、一躍2位におどり出てから1年。首位『ヤンキーズ』がチームの統制を欠き、今『ベアーズ』に大試合のチャンスがまわってきた。アストロドーム球場でのプレーオフだ。もしこれに勝てば、日本遠征。こうなったらガンバラねば、チーム全員大ハリキリ。チーム一のひねくれ者のケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)は三文コーチをスカウトし、親にヒューストン行きをOKさせ、又、チームの投手力アップのためカーメン(ジミー・バイオ)を引き抜いてくる。こうして『ベアーズ』は親からねだった軍資金と、友人から借りた(?)マイクロバスで出発する。いざ、アストロドームへ……。だが、その前に腕だめしで、みちくさをくって、インディアンのチームと1試合した。だが、カーメンの乱投で大惨敗。カーメンの実力に『ベアーズ』の面々はショックを受けるものの、彼らはシューストンに着いた。しかし、彼らの着くのが遅かったので、『ベアーズ』は棄権とみられる。だが、彼らにマスコミは集まった。一方、ケリーがここに来た本当の目的は、音信不通の実父マイク(ウィリアム・ディヴェイン)に会うこと。ようやくケリーはマイクを探しあて、『ベアーズ』のコーチをやってもらう。又、彼は試合のスポンサーにかけあい、試合にだしてもらえるようにし、スポンサーの1人オーランスキー(クリフトン・ジェームズ)を説き伏せ、『ベアーズ』の滞在費を持たせるのに成功。ようやく、『ベアーズ』のホンバンがやってきた。3回表、5対0で負けていた『ベアーズ』はその裏に2点とり、さらに4回には逆転サヨナラ、満塁ホームラン。やった!やった!というぐあいに『ベアーズ』は日本遠征の権利を得、ケリーも父と、親子としての情を交わすことが出来たのであった。

「がんばれ!ベアーズ 特訓中」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「がんばれ!ベアーズ 特訓中」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1977
公開年月日 1977年12月17日
製作会社 レオナード・ゴールドバーグ・プロ作品
配給 パラマウント=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「がんばれ!ベアーズ 特訓中」のみんなのレビュー

「がんばれ!ベアーズ 特訓中」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません