赤い野獣

あかいやじゅう
上映日
1963年12月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ ホラー

ここが見どころ

猛獣を熱愛し、人間を軽視する異常性格者の恐怖ドラマ。「ドラキュラの血」を製作したハーマン・コーエンが製作し、アベン・カンデルと共にシナリオを執筆、監督は新進ロバート・ゴードン。撮影を「真昼の決闘」のフロイド・クロスビー、音楽を「108急降下爆撃戦隊」のポール・ダンラップがそれぞれ担当した。出演者は「ドラキュラ(1957)」のマイケル・ガフ、TV[ベン・ケーシー」のジーン・クーパー、「裏町」のヴァージニア・グレイ、「ダラス」のジェローム・コウアンら。猛獣調教はラルフ・ヘルファー。

「赤い野獣」のストーリー

ロスの郊外で女が殺されたが、それが猛獣の犯行であったとは想像できなかった。私設動物園を経営するコンラッド(マイケル・ガフ)は猛獣を崇拝して飼う変質者で、妻のエドナ(ジーン・クーパー)、口が不自由な青年カール、雑役夫のジョーと住んでいる。エドナは昔、サーカスのチンパンジーの調教師であった。建設業者のステンゲル(ジェローム・コーエン)は郊外住宅地としてこの動物園の土地に目をつけ、コンラッドに断られて脅迫までするほどの執着を持っていたが、彼もコンラッドがライオンを使って殺した。ある日、ジョーが虎に餌を与えるため檻の中に入ったが、感情の高ぶっていた虎はジョーに爪を立て、気の顛到したジョーは虎を射殺してしまった。これを知ったコンラッドは、彼をライオンの餌食にした。次の日、エドナの旧友が訪ねて来て、彼女にサーカスの仕事を持ちかけた。夫の変質に嫌気がさしていたエドナは喜んで受けることにしていた。ところがその旧友は帰宅して巨大なゴリラに殺される。彼女の死を知ったエドナは夫を疑い、カールを問い正して真相を知る。一方、市警察も度重なる事件にコンラッドの動物達を捜査線上に嗅ぎ出していた。エドナはカールを連れて家出することに決め、豪雨の中で仕度をしていたが、コンラッドに察知され、彼女を猛獣の檻へ入れようとした。この光景を見ていたカールは、その恐怖の中で彼の母もコンラッドにライオンを使って殺された幼い記憶を思い出した。土砂降りの中、コンラッドを絞め殺したカールとエドナの前に、警察の車の光茫があった。

「赤い野獣」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「赤い野獣」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1963年12月17日
製作会社 ハーマン・コーエン・プロ映画
配給 アライド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「赤い野獣」のみんなのレビュー

「赤い野獣」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。