ガラスの動物園(1987)

がらすのどうぶつえん
上映日
1988年5月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

経済大恐慌の時代、1930年頃のセント・ルイスを舞台に、その裏街のアパートでくりひろげられる3人家族の愛と葛藤を描く。テネシー・ウィリアムズの同名の戯曲の映画化で、製作はバート・ハリス、監督は「ハスラー2」のポール・ニューマンで監督としては6作目。撮影は「ハスラー2」のマイケル・ボールハウス、音楽はヘンリー・マンシーニが担当。出演はジョアン・ウッドワード、ジョン・マルコヴィッチほか。

「ガラスの動物園(1987)」のストーリー

セント・ルイスの裏街にたたずむ荒れ果てたアパートに、船員姿のトム・ウィングフィールド(ジョン・マルコヴィッチ)がやってくる。彼はかつての思い出を、観客に向かって語り出す。アメリカが経済恐慌の嵐に見舞われた1930年頃、トムは、母アマンダ(ジョアン・ウッドワード)、2つ年上の姉ローラ(カレン・アレン)とともに、このアパートで細々と暮らしていた。父親は一家を捨てて、姿をくらましていた。つつましい暮らしであったが、昼はデパートで働き、家でもアルバイトをしている母親のアマンダの手がよく行き届いていて、暖かく落ちついた雰囲気があった。だが道徳家で子供たちには口うるさい。倉庫の事務員をし、映画が大好きで詩を書くことに生きがいを求めている息子のトムは、そんな母親をけむたがり、喧嘩ばかりしていた。一方足が不自由で極端なはにかみ屋で、古いレコードをかけながらガラス細工の動物たちを手入れしている時が最も幸せだという姉のローラに対しては、秘かにいたわりの目をもっていた。母の頼みもあって、トムは家に同僚の青年を招待する。ローラは青年と会ったとたんびっくりして全身を震わせた。彼こそ高校時代に胸ときめかせたあこがれの人、ジム・オコナー(ジェームズ・ノートン)だったからだ。食事の直後、家中が真っ暗になった。ロウソクの灯の下で、ジムはローラに劣等感をはね返せと励まし、甘い口づけをかわす。だが、ジムには婚約者がいた。母と娘の将来に対する夢はむなしく崩れ去った。トムは家をとび出して、船員になった。--そうして彼は、いま長い放浪生活から帰ったところだった。家には母や姉の姿はなく、全ては切なく、苦い思い出として残るばかりであった。

「ガラスの動物園(1987)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ガラスの動物園(1987)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1988年5月14日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ガラスの動物園(1987)」のみんなのレビュー

「ガラスの動物園(1987)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません