外套と短剣

がいとうとたんけん
上映日
1953年2月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「遠い太鼓」のミルトン・スパーリングが1946年に製作した原子研究をめぐるスパイ劇で「秘密警察」のボリス・イングスターとジョン・ラーキンのオリジナル・ストーリーを「裸の町」アルバート・マルツ及び「永遠のアンバー」のリング・ラードナー・ジュニアが脚色、「地獄への逆襲」のフリッツ・ラングが監督した。撮影は「ヴァジニアの血闘」のソル・ポリート、音楽は「遠い太鼓」のマックス・スタイナーである。主演のゲイリー・クーパー「遠い太鼓」以下、「マルセイユの一夜」のリリー・パルマー、「婿探し千万ドル」のロバート・アルダ、ウラジミル・ソコロフ「誰が為に鐘は鳴る」、エドワード・ブロムバーグ、ルドウィヒ・ストッセルなどが出演。

「外套と短剣」のストーリー

第二次大戦中、米国ミドウェスタン大学の物理学教授アルヴァ・ジェスパー(ゲイリー・クーパー)は当局の命令をうけ、スイスに向かい、ナチに強制されて原子研究をしている女流物理学者ローダー博士を救い敵の研究内容を探ろうとした。ドイツ側は事前にこれを知りローダー博士を山中にかくし、ジェスパーたちが山小屋を襲ったとき彼女を射殺してしまった。彼の最後の手段はイタリアでナチの原子研究に協力させられているポルダ博士に近づくことであった。潜水艦でイタリアに潜入したジェスパーはパルチザンのピンキー(ロバート・アルダ)、ジーナ(リリー・パルマー)らの協力をうけ博士に会うことができた。ジェスパーはナチの人質になっている博士の令嬢を救出する条件で博士に協力を求め、承諾をえた。ピンキーらは令嬢を救出することになりジェスパーとジーナは地下に潜って待機した。ナチの追求を逃れてピンキーたちからの連絡を待つうちに2人の心は接近していった。待望の令嬢救出の知らせをうけたジェスパーがナチの護衛を倒して博士と共に集合場所の飛行場にかけつけると令嬢は偽り者で気がついたときはすでにドイツ兵の包囲をうけていた。敵の一斉射撃を防ぎながらピンキーはジェスパーに飛行機で逃れるようにとすすめた。ジーナと再会を約した彼は博士と共に心を後にのこしながら機上の人となった。

「外套と短剣」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「外套と短剣」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1946
公開年月日 1953年2月21日
製作会社 W・B映画
レイティング

「外套と短剣」のみんなのレビュー

「外套と短剣」のレビューを書く

「外套と短剣」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません