歓楽の夢は淡し

かんらくのゆめはあわし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ルゥ・テルジャン氏とウィラード・マック氏合作の舞台劇をカセリン・リード女史が脚色し「我れ世に誇る」等と同じくエドワード・スロウマン氏の監督したもの。主役はウォルター・マッグレイル氏とリートリス・ジョーイ嬢でそのクララ・ホートン嬢、クレア・マクドウェル嬢、オーラ・ケイリュー嬢等共演。

「歓楽の夢は淡し」のストーリー

一家離散したモニエ家の長男モウリイは父と共にパリへ行き、彫刻家と成った。彼はクラリスという女と婚約したが、彼女の前夫が不意に帰って来たので女は彼の許を去った。モウリイは故郷へ帰ったが、母や弟に冷遇されるやがて彼はモデル女ホープに逢い彼女にインスピレーションを得て傑作「盲目なる青春時代」を作り一躍名声をかち得た。2人が幸福なる生活に入ろうとした時、クラリス及びモウリイの弟が現れ彼の幸福は覆されようとした。しかしやがてすべての疑惑は解け幸ある結末を告げるのである。

「歓楽の夢は淡し」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「歓楽の夢は淡し」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 セルズニック映画
レイティング

「歓楽の夢は淡し」のみんなのレビュー

「歓楽の夢は淡し」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「歓楽の夢は淡し」を観ているあなたにおすすめの映画