歓楽の不夜城

かんらくのふやじょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「争闘の熱血」「拳闘王」等の原作を書いたH・C・ウィットワー氏の書き卸したものを、ルーサー・リード氏が脚色し、「女房征服」「漂泊の孤児」等と同じくE・メイソン・ホッパー氏の監督したもの。主役は「恋の関門」「洋上の薔薇」等主演のアニタ・スチュアート嬢、「負けじ魂」等のT・ロイ・バーンズ氏、喜歌劇のスターから映画界に初めて飛び込んだオスカー・ショウ氏等であるが、その他にも有名なジーグフェルド・フォーリス美人合唱団や、ハースト系新聞紙の有名な記者、寄稿家等が多数顔を見せて、米国における興業価値を高めた。

「歓楽の不夜城」のストーリー

拳闘選手ジョー・ケインに雇われた宣伝係のジャック・マレイは、ジョーを有名にするために知恵の有りったけを尽くした。彼はブロードウェイ喜歌劇の花形メイベルをジョーに紹介した。メイベルはジョーの名を聞いても彼が何者であるかを知らなかった。口惜しがったジョーは彼女に賭を申し出る。それによってジョーもメイベルも自分達の仲間から姿を消し、各々自分の専門でない仕事で金を儲けることになり、メイベルはある大百貨店の衣装モデルとなり、ジョーは同じ店の発送係になった。余興が催されたとき、火災起り、メイベルは火炎中に倒れたが、勇敢なジョーに救われ、初めて二人は恋に陥ちる。その事件は二人を一挙に有名にしてしまった。ジョーはメイベルに再び拳闘をしないと約束したので、英国から来た選手の挑戦に応じないので卑怯者と世間から思われる。メイベルの喜歌劇の出資者モートンは、彼女が自分の要求を聞かないため支配人に金を返さなければ興業を中止すると要求し、観客の詰めかけている初日の晩にあわや興業は中止されそうになった。観客中にいたジョーは憤然舞台に飛び上がって英国選手と試合する旨発表し、得た金をモートンに返して興業を始めさせた。いよいよ拳闘試合の当日、ジョウを敗らせて大金を儲けようとした悪人が彼に毒を飲ませたが、ジョーは奮戦遂に敵を破り、勘当されていた父に許されてメイベルと共に父の住む西部に旅立った。批評ーブロードウェイの生活を描いたスピードのある映画で緊張味多く、終始一貫面白い。あらゆる娯楽的要素を含んでいるから、どこへ行っても受ける事疑いない。(ニウス誌ローレンス・リード氏)

「歓楽の不夜城」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「歓楽の不夜城」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 ゴールドウィン・コスモポリタン映画
配給 日米
レイティング

「歓楽の不夜城」のみんなのレビュー

「歓楽の不夜城」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません