間奏曲(1957)

かんそうきょく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

古都ザルツブルグとミュンヘンを舞台にした哀愁メロドラマ。ジェームズ・ケイン「(郵便配達は二度ベルをならす)」の原作小説を「島の女」のドワイト・テイラーが映画脚本に書き直し、これをイネツ・コックが翻案、さらにダニエル・フックスとフランクリン・コーエンがこれを脚色した。監督は「大空の凱歌」のダグラス・サーク、撮影監督は「夜の道」のウィリアム・ダニエルス、音楽は作曲が「三人のあらくれ者」のフランク・スキナー、指揮を「東京特ダネ部隊」のジョセフ・ガーシェンソンがとった。主演は「旅情」のロッサノ・ブラッツィ、「夜の乗合自動車」のジューン・アリソン。「バルテルミーの大虐殺」のフランソワーズ・ロゼエ。

「間奏曲(1957)」のストーリー

ミュンヘンのアメリカ情報局文化部につとめるヘレン(ジューン・アリソン)は、コンサート・ホールで練習中の名指揮者トニオ・フィッシャー(ロッサノ・ブラッツイ)に会った。コンサートの夜、トニオの指揮に魅せられた彼女は、トニオに送られ、親しい話を交わすようになった。翌日、音楽家達の集まるニンフェンベルクに招かれた彼女は、そこで再びトニオと会い、自動車でモーツァルトの生地ザルッブルグを訪ねた。その日から2人の心は結ばれるようになった。だが、トニオが彼女をさそってドライヴに出たその帰途。トニオの家を訪れたヘレンはそこで神経衰弱にかかるトニオの妻レニイ(M・クック)に会った。トニオの叔母ラインハルト伯爵夫人(フランソワーズ・ロゼエ)は、レニイが4年余り病床にあることを語る。そこでヘレンは自分が身を引くべきであると決心した。だが、断ち難い愛情に苦しむ彼女は、一夜演奏会を訪ねて、トニオの指揮をながめるが、突然レニイが現れ、彼女をとらえたまま失神した。ヘレンは彼女をトニオ邸まで送り届けようとして電話をかけるが、その隙にレニイは近くの湖に身を投げた。ヘレンも驚いて後から飛び込み、レニイの命を救うが、やはりこの妻を救うのはトニオの愛だけであると悟り、モーリイと共に帰るのであった。

「間奏曲(1957)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「間奏曲(1957)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1957
製作会社 ユニヴアーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「間奏曲(1957)」のみんなのレビュー

「間奏曲(1957)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。