歓呼の球場

かんこのきゅうじょう
上映日
1950年4月25日

製作国
アメリカ

上映時間
89分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「らせん階段(1946)」「愛の勝利(1939)」のジョージ・ブレントと「銀嶺セレナーデ」「旋風大尉」のリン・バリ、映画初出演の少年俳優ラスティ・タンブリン及びクリーヴランド・インディアンス・チームの現役選手等30名が主演する映画である。ストーリーはハーバート・クラインとジョン・ブライトが書下ろし、ブライトが脚色、クラインが監督し、ジャック・マータが撮影した。助演はトミー・クック、アン・ドーラン、ルイス・ジーン・ハイト等である。
「らせん階段(1946)」「愛の勝利(1939)」のジョージ・ブレントと「銀嶺セレナーデ」「旋風大尉」のリン・バリ、映画初出演の少年俳優ラスティ・タンブリン及びクリーヴランド・インディアンス・チームの現役選手等30名が主演する映画である。ストーリーはハーバート・クラインとジョン・ブライトが書下ろし、ブライトが脚色、クラインが監督し、ジャック・マータが撮影した。助演はトミー・クック、アン・ドーラン、ルイス・ジーン・ハイト等である。

「歓呼の球場」のストーリー

14歳の少年ジョニー・バローズは、父が戦死したので嘆いている間もなく、母のエミリーがカール・ノヴァクと再婚したので、烈しい幻滅を感じる。母は少年の気持ちを傷つけまいと、再婚は便宜のためでカールを愛しているのではないとごま化したが、彼は義父を嫌悪して、何時か街頭児となった。1948年のワールド・シリーズが始まり、ジョニーはインディアンスの球場で、スポーツアナウンサーのマイク・ジャックスンと知り合い、嘘まじりの身上話をすると、同情したマイクは、少年を選手たちに紹介した。マイクは少年の両親に会ったが、先入観があるので少年の父母の気持ちを理解するに至らなかった。翌春インディアンスがテキサスで春季練習を始めると、家出したジョニーは合宿へやって来た。彼はバット・ボーイに雇われて喜んだが、マイクは少年をクリーヴランドの親元へ帰す。腐った少年は、悪童仲間に戻り、窃盗を働き感化院へ入れられた。これを知ったマイクは妻キャサリンと相談して、彼を養子にしようと申し出た。感化院長は少年を調べて、母親が再婚の理由をごま化したことが、ジョニーの心を傷つけたことを知り、マイク夫婦と両親を呼んで、少年はやはり親の元に置くべきだと云い、少年説得の役目をマイクに委ねた。マイクはインディアンスのオーナーのビル・ヴィーク、監督のルウ・ブウドロウ等に協力を求めた。彼等は黒人の新人選手ラリー・ドビーの例を引き、新しい父親カールを理解するように説得した。日頃敬愛している野球選手等の親切な言葉に感動したジョニーは、喜んで両親の元へ帰った。

「歓呼の球場」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「歓呼の球場」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1949
公開年月日 1950年4月25日
上映時間 89分
製作会社 リパブリック映画
配給 セントラル
レイティング

「歓呼の球場」のみんなのレビュー

「歓呼の球場」のレビューを書く