歓呼の嵐

かんこのあらし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ブロードウェイの作歌者並びにショウ演出家として知られているリュー・ブラウンがウィンフィールド・シーアンと協力して製作した音楽映画で、ウィル・ロジャースが「水曜日の恋」「戦争と母性」のフィリップ・クラインと原案を立てたものに基き「苦闘五十年」「渦巻く妖術」のハミルトン・マクファデンが監督した。出演者は「水曜日の恋」「流れる青空」のワーナー・バクスター、「第三の恋」「地獄の市長」のマッジ・エヴァンス、「当って砕けろ」「水兵上陸」のジェームズ・ダン、「可愛いマーカちゃん」のシャーリー・テンプル、等のほかアーサー・バイロン、ラルフ・モーガンそれから「裏切る唇」「昨日」のジョン・ボールズを始めとして、舞台並びにラジオで知名な芸人達、シルヴィア・フルース、ジェマイナ叔母さん、ディック・フォーラン、ステピン・フェチット、等の面々である。撮影は「カヴァルケード」「フープラ」のアーネスト・パーマーが「渦巻く妖術」のL・ウィリアム・オコンネルと協力して担任し、舞踊振付は「ダンシング・レデイ」「生ける人形」のサミー・リーが行った。作歌はリュー・ブラウン、作曲はブラウンがジェイ・ガーニーと共に担任。

「歓呼の嵐」のストーリー

ブロードウェイのショウ演出家ロウレンス・クロムウェルが娯楽省の大臣に任命されたと知った時、世間は大騒ぎをしたが、彼の任務というのは、世人に幸福感を与えて、以てこの世に繁栄を招来するという事にあった。ロウレンスは全国的に一大娯楽網を張り、ラジオ、芝居、映画の総てに渡って大努力を傾注した。そして児童部をも設け、この部長にメエリー・アダムスを任命した。ロウレンスが余りの過度の仕事で倒れた時、メエリーは彼を看護したがこの時から二人の間に恋の芽生えがあった。だが斯うしたロウレンスの大計画は上院議員その他の嫉むところとなり、彼排撃の火の手が上って来た。ラジオでの攻撃もあれば、上院議員ダンフォースとショートとによるロウレンスの計画の内容調査も行われた。その一方、ロウレンスの事務所には凡ゆる芸人達が採用を願って押し寄せて来たが、その中にはダンサーのジミーとその幼ない娘のシャーリーとが交っていた。然し、ロウレンス排撃がいよいよ盛んになるにつれ、遂にロウレンスも力尽きたと自覚し、職を抛つ覚悟をきめたところ、反対側ではそれの先きを越して、ロウレンスが愈々辞職してまたブロードウェイへ帰るという事をラジオで報導した。これを聞くとロウレンスもカッとなり、最後まで闘い抜く決心の臍を固めた。そして、その為めには児童部を撤廃する事にした。メエリーがそれを諫めたのだけれども彼女の言葉は聞き入れられなかった。そしてロウレンスは、児童部の最後の放送をした。だが、この放送は意外にも大成功だった。そして上院は忽ち手のひらを返した様に、ロウレンスの殊勲を賞めはやすのであった。児童部の放送によって各家庭の子供達は孰れも満足であった、子供達が仕合せなので各家庭までもが孰れも仕合せである、という訳である。そして大統領自らも電話を以てロウレンスに祝意を寄せるまでになった。ロウレンスはこの時、真の功労者はメエリーであるとして彼女こそこの栄誉を荷うべきものと彼女を推すのであった。そして全国をあげて「我等今や赤字を脱せり」の歌の合唱が響き渡った。

「歓呼の嵐」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「歓呼の嵐」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 フォックス映画
レイティング

「歓呼の嵐」のみんなのレビュー

「歓呼の嵐」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。