渇いた太陽

かわいたたいよう
上映日
1962年11月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

テネシー・ウィリアムズの「青春の甘い鳥」を「熱いトタン屋根の猫」「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のリチャード・ブルックスが脚色・監督した作品。撮影は「キング・オブ・キングス(1961)」のミルトン・クラスナー、音楽はハロルド・ジェルマンが担当。出演者は「ハスラー」のポール・ニューマン、「夏と煙」のジェラルディン・ペイジ、「階段の上の暗闇」のシャーリー・ナイトをはじめ、エド・ベグリイ、リップ・トーン、ミルドレッド・ダンノックなど。「お茶と同情」のパンドロ・S・バーマン製作。

「渇いた太陽」のストーリー

フロリダから来た1台のキャデラックが、大西洋岸の南部の町セント・クラウドのホテルに着いた。運転をして来た若い男と客席の年増女の2人連れである。若者はこの町の出身でチャンス・ウエイン(ポール・ニューマン)、女はかつてのセックスの女王アレグザンドラ・デル・ラーゴ(ジェラルディン・ペイジ)。若さと美貌のおとろえに絶望した彼女は映画界からの逃避旅行の途中、パームビーチで海浜ボーイをしていたチャンスを付け人として雇ったのだ。放浪の途中、チャンスがこの町にやって来たのには理由があった。ここには彼の初恋の女性ヘブンリー(シャーリー・ナイト)がいるのだ。彼女の父フィンレイ氏は町の有力者で、名声を重んずる氏は、ホテルのボーイだったチャンスを町から追い払ったのだ。ニューヨークに出たチャンスは、ブロードウェイでタレントとして騒がれこの町までも知れわたる人気者になったが、それも朝鮮戦争でオジャン、彼が復員したときには誰も見向きもしなかった。町の人々の冷たい仕打ちをうけた彼は、かつての人気をとりもどそうと再び夢を追って都会に出た。だが2度と機会は来なかった。そして今度、アレグザンドラに望みをたくしこの町に姿を現したのだ。町ではフィンレイが州知事選挙に立候補し、大変な騒ぎだった。娘の純潔を売りものにするようなフィンレイ氏にとって、チャンスの帰郷は邪魔だった。フィンレイ家の監視の眼を盗んでようやくヘブンリーに逢えた彼は、今度こそアレグザンドラを利用して成功出来ると説明し一緒に町を出ようと頼むのだった。だが、父がチャンスに何をするか知れないと恐れたヘブンリーは、ただ逃げるようにと言うだけだった。その夜、チャンスには意外な出来事が持ち上がった。アレグザンドラのカムバック作品が、期待に反して大入りをつづけているとの報せがあったのだ。自信がついた彼女は、チャンスを振り捨ててさっそくこの町を去って行った。チャンスの成功への夢はこれで完全に断ち切られたが、今の彼には不思議なほど未練がなかった。ただヘブンリーとのささやかな生活を願うチャンスは、彼女の家を訪れた。だが、彼女の兄につかまったチャンスはステッキで顔を叩き割られた。倒れたチャンスを抱き起こすヘブンリー。やがて2人の乗り込んだ車は、怒るフィンレイ氏をしり眼に走り去るのだった。

「渇いた太陽」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「渇いた太陽」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1962年11月9日
製作会社 ロックスベリー・プロ映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「渇いた太陽」のみんなのレビュー

「渇いた太陽」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/2

ダン・バトラー(1954)

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

「プラトーン」「メジャーリーグ」のトム・ベレンジャーが伝説のスナイパー、トーマス・ベケットを演じる「山猫は眠らない」の続篇。監督はシャープで重厚なアクションシーンには定評のあるクレイグ・R・バクスレー。製作総指揮は「カットスロート・ハイウェイ」「ヴァンパイア・ハンター」監督としても知られているJ・S・カードネ。また製作のキャロル・コッテンブルックは公私共にカードネのパートナーである。もう一人の製作者は「トゥルー・ブルー」「D.N.A」のスコット・アイビンダー。前作に引き続き音楽を担当するのが「沈黙の戦艦」「D.N.A」のゲイリー・チャン。脚本はハリウッドの新鋭ライターチームのロン・ミタ&ジム・マックレインで、アクション大作「S.W.A.T」でも共同脚本を手掛けている。

ザ・ファン

人気野球選手への過剰な思い入れのあまり、次々と異常な行動を重ねていく男の犯罪を描いたサイコ・スリラー。売れっ子サスペンス作家、ピーター・エイブラハムズ初の映画化で、彼の同名長編小説(邦訳・早川書房)を、米NBCの人気TVドラマシリース『チアーズ』のフォフ・サットンが脚色。監督には「クリムゾン・タイド」のトニー・スコットがあたり、撮影のダリウス・ウォルスキー、音楽のハンス・ジマーも同作に続いての参加。製作は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のウェンディ・ファイナーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・アンガー、ジェームズ・W・スコッチドポール、バリー・M・オズボーンの共同。美術はアイダ・ランダム、編集はクリスチャン・ワグナーとクレール・シンプソンの共同。服装の変化が犯人の心理の移り変わりを表しているという衣裳デザインは、「カジノ」に続いてデ・ニーロの衣裳を担当するリタ・ライアックと、ダニエル・オルランディ。また、連続出場の世界記録を達成した大リーガーのカル・リプケン・ジュニアがテクニカル・アドバイザーを務めたほか、95年までフィリーズで活躍したジョン・クラックが5番打者役で出場しているのをはじめ、プロ選手が多数出演しているのも話題に。主演は「カジノ」「ヒート」のロバート・デ・ニーロと「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス。共演は「ボーイズ・ライフ」に続いてデ・ニーロと共演となるエレン・バーキン、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。
ニック・チョン(1964)

インビジブル・スパイ

潜入捜査を描く香港のTVドラマ『使徒行者』のスピンオフシリーズ第2弾。警部チェンと警視イップは、世界中の警察にスパイを送り込むテロ組織を追うジャーナリストを保護。捜査に乗り出したところ、警視ジェンが潜入捜査官だったチェンを疑い捜査権を奪う。『使徒行者』スピンオフシリーズ第1弾である「ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官」から続きジャズ・ブーン監督のもと、ルイス・クー、ニック・チョン、フランシス・ンらが集う。「インファナル・アフェア」シリーズを手がけたアンドリュー・ラウ監督がプロデューサーを、「ゴールデン・ジョブ」のチン・ガーロウがアクション監督を務めた。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハード・ナイト

「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリン監督が放つバイオレンス・アクション。クリスマス・イブの香港。謎の武装グループが遺体検死中の監察医を襲撃。外部と遮断された密閉空間の中、不可解な要求を突きつけられた監察医たちは、危険な心理戦を仕掛けていくが……。出演は「激戦 ハート・オブ・ファイト」のニック・チョン、『霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~』のヤン・ズー、「若葉のころ」のリッチー・レン。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。