かわいい毒草

かわいいどくそう
上映日
1968年10月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

スティーブン・ゲラーの小説『彼女は彼に続けさせた』を「空から赤いバラ」のロレンゾ・センプル・ジュニアが脚色、TV出身の新人で短篇『スケーターデーター』(日本未公開)で61年カンヌ映画祭でグラン・プリを得たノエル・ブラックが監督した異常性格者の物語。撮影は新人デイヴィッド・クエイド、音楽は「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のジョニー・マンデルが担当した。出演は「パリは燃えているか」のアンソニー・パーキンス、「テスト・ハネムーン」のチューズデイ・ウェルドほか。製作「スケーターデーター」のマーシャル・バックラーとノエル・ブラックの2人。総製作はローレンス・ターマン。

「かわいい毒草」のストーリー

現代。ニューイングランドの町。デニス(アンソニー・パーキンス)は最近この町に流れてきた青年で製薬会社に勤めている。だが彼には家に放火して叔母を焼死させたという前科があり、目下仮釈放中。決して常人とはいえない。そして彼は、女子高校生スー・アン(チューズデイ・ウェルド)と親しくなると自分はCIAの重要人物だと、まことしやかに語ったりするのだ。2人のまわりは、性的にも乱れている人物が多くいたが、スー・アンはピルをのんでデニスと猛烈な恋をすることを覚えた。そしてある日、仮釈放局の役人が工場を訪ねてきた。この結果、デニスは、前科がばれて、クビになってしまった。この件を、恨んでだろうか、デニスは勤めていた製薬工場の破壊を考え、その手始めとして廃液を川に流すシュートのボルトをゆるめることにした。スー・アンと一緒に、ある夜、実行にかかったが夜警にみつかってしまった。するとスー・アンは、こともなげに夜警の頭を殴り、川べりに引きずっていき顔を水につけて窒息死させた。翌日、死体が発見されデニスが刑事の訊問を受けた。すっかり怖じけずいてしまった彼は、外で待っていたスー・アンに弱虫とののしられる始末。デニスは、この女のために、骨抜きにされ、ついに前科の告白までしてしまった。結局2人は結婚してメキシコに高飛びすることにした。そしてスー・アンは旅費を母親の金庫から盗み出そうとしたが見つかってしまい、側にいたデニスに母親を殺すよう命令した。だがデニスには出来ない。すると彼女は表情ひとつ変えず母親を射殺してしまった。そのうえ死体を近くの川に沈めよう、という。デニスはすっかり怖くなり、そのまま逃げ出して、ひとり自主をした。警察で調べを受けるデニスの前に現れたスー・アンは全部の罪を彼になすりつけて、新しい男と一緒に、すずしい顔で、立ち去っていった。男のデニスがひとことも言えないくらい堂々とした毒草ぶりであった。

「かわいい毒草」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「かわいい毒草」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968年10月22日
製作会社 ローレンス・ターマン・プロ
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「かわいい毒草」のみんなのレビュー

「かわいい毒草」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません