悪漢の町

あっかんのまち
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「拾万ドル玉手箱」「悔悟」と同じくJ・ウォルター・ルーペン監督、クライド・デ・ヴィナ撮影によるウオーレス・ビアリー主演映画である。ストーリーはルーペンがプロデューサーのハリー・ラッフと協力執筆し、「戦友」と同じくシリル・ヒュームとリチャード・メイボームが共同脚色した。助演者は「春に背くもの」「踊るアメリカ船隊」のヴァージニア・ブルース、無名より抜擢されたデニス・オキーフ、「夕陽特急」のジョセフ・カレイア、「拾三番目の椅子(1937)」のルイス・ストーン、「山の法律」のガイ・キッビー、「モヒカン族の最後(1936)」のブルース・キャボット、「戦友」のクリフ・エドワーズ、「大都会」のグィン・ウィリアムスその他である。

「悪漢の町」のストーリー

戦闘家として鳴らしたジェフレイは1880年頃に各州がボクシング試合の懸賞金を禁じたので生活に窮し、マネージャーの「エイト・ボール」を連れ幸運を求めてカリフォルニア州へ向った。旅の途中アリゾナの山中で二人は山賊のビルに襲われ、ジェフレイは持っていた金と時計を奪われた。ビルはブリムストンの町で勢力があり。ー、傍若無人に振舞っていた。ジェフレイは町へ着くと、時計を奪い返す目的でビルにポーカーを挑んだ。その結果は二人の口論になったが、ビルはその時計の裏蓋に女の写真があるのを見ると、驚いて時計を彼に返しその場を立ち去らせた。ジェフレイはこの町の弁護士ダグラスの娘ロシックと知合になって彼女に恋をしたので、ここに落ち着く決心をした。彼はダグラスの勧めでこの町に安寧秩序をもたらすべく意を決し、まず法令を布いて町民から税を取り立てることにし、自ら危険な収税人となってビルに近づいた。するとビルは快く税金を払うのみか、その取立の援助までするのだったが、乱暴にも納税を拒否した男を射殺したのでジェフレイは彼の援助を断ることにした。ところがある時、ヴァルチナという男が税金を掠奪しようとしたので、ジェフレイは止むなく彼を射殺し、そのために彼の弟ブラック・ジャックから仇としてつけ狙われるこれを知ったビルはダグラスを訪れ、彼が若い頃妻子を見捨てたことを語り、そのこどもがジェフレイであると告白した。そして息子を危険なこの町から遠ざけるため、ジェフレイに亡父の遺産があったようにし、彼をシカゴの法律学校へ行かせてくれと頼んで金を出した。3年後に彼は学校を卒え、検事としてこの町に就任した。町ではビルはブラック・ジャックを代官に推し、ダグラスを検事に推して賄賂を使い思うままに牛耳っていた。ブラック・ジャックはジェフレイに復習せんとして誤ってエイト・ボールを射殺したので、ジェフレイは直ちに彼を裁判に附して有罪を宣告した。しかし彼はジェフレイを射殺する危険があるのでビルは救いに行ったが、泥酔したダグラスから2人がおやこであると聞いた一味は裏切りを恐れて2人を襲撃し、その争いで大勢の悪漢とダグラスが殺されブラック・ジャックは逃亡した。ビルは彼がある町に潜んでいるのを知ると、今や法令が布かれて平和に帰った町にジェフレイとロレッタが結ばれたのを心密かに祝福しつつ、ブラック・ジャックと一騎討を決して町を去って行った。

「悪漢の町」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「悪漢の町」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM映画
レイティング

「悪漢の町」のみんなのレビュー

「悪漢の町」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。