彼と人魚

かれとにんぎょ
上映日
1950年10月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暗い鏡」と同じくナナリー・ジョンソンが自ら製作・脚色をした1948年作品で、ガイ及コンスタンス・ジョーンズ夫妻の小説「ピイボディの人魚」に取材し、「鐘の奇蹟」のアーヴィング・ピチェルが監督、撮影は「バクダッド」のラッセル・メテイ、音楽はジョニー・マーサーとロバート・エメット・ドーランが担当。「影なき男の影」のウィリアム・パウエル、「恋人よいま一度」のアン・プライス、「砂塵」のアイリン・ハアヴェイ、新人のアンドレア・キング、「善人サム」のクリントン・サンドバアグのほか、ヒュー・フレンチ、フレッド・クラアク、アート・スミス、ラムスデン・ヘーア等が出演している。

「彼と人魚」のストーリー

静養のためカリブ海の小島の別荘にやってきたピーボディは、毎朝魚釣をたのしんでいたが、ある日可愛らしい人魚を釣りあげてしまった。海に戻してやるに忍びなくなった彼は、人魚をポリー夫人の浴室に入れてやるが、とんだ誤解をうけて庭の池のなかに放した。人魚は口が利けなかったが、ピーボディの言うことはよく理解してくれるので、彼はその人魚のために大いにサービスをしてやる。この話をきいた女友達のキャシーがやってくるが、人魚はピーボディ以外の誰にもなつこうとはせず、姿さえ見せないので、誰も人魚の存在を信用しない。キャシーが帰ったあと、睡れぬままに庭に出たピーボディは孤独な人魚をなぐさめてやった。これを窓から見ていたポリーは夫がキャシーと密会しているものと誤解して家出をしてしまう。ピーボディの友人の新聞記者フィツジェラルドは夫婦の仲をとりもつため、彼の言い分を聞きに来たが人魚の話を聞くと一笑に付した上、池をかいぼりにして、人魚を博物館に入れた方がよいという。ピーボディは人魚と一緒に逃避行を試みようとしたが、フィツジェラルドが当局に連絡してモーターボートで追いかけてきた。彼は人魚と別れを惜しむ余り、ボートから海中にとびこんだが、ようやく救いあげられ、永久に人魚と別れなければならなかった。

「彼と人魚」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「彼と人魚」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1950年10月24日
製作会社 U・I映画
配給 セントラル
レイティング

「彼と人魚」のみんなのレビュー

「彼と人魚」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません


「彼と人魚」を観ているあなたにおすすめの映画