赤い唇(1952)

あかいくちびる
上映日
1953年8月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「スケルトンの運ちゃん武勇伝」のリチャード・ゴールドストーンが製作し、「北の狼」のアンドリュー・マートンが監督にあたった1952年作品で、ドイツとオーストリアに現地ロケしたもの。ローレンス・バックマンのストーリーをジェリー・デイヴィスが脚色した。撮影は「罪ある女」のファクラフ・フィッヒ、音楽は「アパッチ族の最後」のルドルフ・G・コップの担当。主演は「雨に唄えば」のジーン・ケリーと「三つの恋の物語」のピア・アンジェリで、リチャード・ロバー、リチャード・イーガン、クラウス・クラウセン、ウィルフリード・セイファースらが助演する。なお、米国における発売はMGM社である。

「赤い唇(1952)」のストーリー

戦後のミュンヘンの町に、米国の空軍大尉ジェフ・エリオット(ジーン・ケリー)が訪れてきた。彼は、戦争中ナチに捕らえられたとき、彼の脱出を助けてくれたドイツ人一家を探しに来たのだった。だがその一家は戦争のため死んでしまい、当時子供だった娘のウイリイ(ピア・アンジェリ)だけが成人してカフェ“シルエット”で働いていた。ウイリイは暗い性格の娘になっており、彼女と再会したジェフは、ウイリイを幸福な娘にしてやりたいと思った。ジェフはウイリイに誘われてザルツブルグにいる彼女の叔父キーグラー夫妻の元でクリスマスの休暇を過ごした。再びミュンヘンに帰ったときジェフはウイリイを深く愛するようになった。しかし、彼はCIDのテリイ大佐とパーカー中尉から、ウイリイがナチ再建組織とつながる密輸団に関係あると聞かされ、驚いた。再びウイリイと一緒にキーグラーの元を訪れたとき、ジェフはキーグラーがその一味であることを知った。ウイリイはジェフに、彼女がこの陰謀にまきこまれたのは殺すと脅迫されたためだと打ち明け、2人で国境を指して逃げようとした。国境でジェフはアメリカ軍司令部に電話で連絡することができたが、自動車の故障から2人はキーグラー一味に捕らえられ、ベルヒテスガーデンの近くの湖に連れて行かれた。湖は氷結しておりその上でオートバイのレースが行われていた。ジェフとウイリイは競技場わきの燃料置場のガソリン罐の前に立たされた。競技場の事故と見せかけて2人を殺そうとしたのだ。危機寸前、2人は脱出しようとしたが、ウイリイは撃たれた。このときCIDが出動して来た。ジェフはパーカー中尉とともに一味の首領ハイスマンを捕らえた。傷ついたウイリイは生命に別状なかった。ジェフに抱かれてウイリイの顔には、はじめて明るい微笑が浮かんだ。

「赤い唇(1952)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「赤い唇(1952)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1953年8月21日
製作会社 SIF提供
配給 松竹=セレクト・インタナショナル
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「赤い唇(1952)」のみんなのレビュー

「赤い唇(1952)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません