カレッジ・リズム

かれっじりずむ
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「恋の手ほどき(1933)」「坊やはおやすみ」のノーマン・タウログが監督した音楽喜劇で、ジョージ・マリオン・ジューニアが書き下ろし、「ボクは芸人」のウォルター・デレオンと「恋の胃袋」のフランシス・マーティンがジョン・マクダーモットと共同して脚色したもの。出演者はラジオ界の人気者ジョー・ペナー、「絢爛たる殺人」のジャック・オーキー、「風の接吻」のラニー・ロス、「三角の月」のリダ・ロバーティ「ボクは芸人」のヘレン・マック、「嫌疑者」のメアリー・ブライアン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、「空中レヴュー時代」のフランクリン・パングボーン等で、キャメラは、「絢爛たる殺人」のレオ・トーヴァーと「光は野より」のテッド・テズラフの担当である。

「カレッジ・リズム」のストーリー

ステイト大学のフットボールの花形フィニガンにはグロリアと言う恋人があった。グロリアは大学のバンドでピッコロを吹いているラリイの許嫁であったが、彼女はラリイよりもフィニガンが好きだった。ステイト大学とコルトン大学との対校フットボール試合が例年の通り行われた。始めステイトの形勢は甚だ悪かったが、中頃ジョーが彼らのマスコットの家鴨を抱いてグラウンドに現れるや、ステイト側は俄然勢いづき、フィニガンがゴールをきめて凱歌を挙げた。かくてフィニガンは益々人気者となり、グロリアの心もいよいよ彼に傾いていった。ラリイは内心気が気ではなかったが、卒業すれば親父がステイシイ百貨店を経営している自分に分が有ると考えてそれを頼りにしていた。2年後形勢はその通りになった。卒業はしたが職もなく落ちぶれたフィニガンがラリイを訪れてきた。ラリイは今はステイシイ百貨店の支配人である。一種の優越を感じながらフィニガンに職を与えてやった。ところがラリイの経営方針に満足しない父親とフィニガンの意気が投合し、大学のスポーツ式経営をやることになった。ラリイは怒って辞めようとしたが秘書のジューンに慰められて思い止まった。ジューンは密かにラリイを恋していたのである。ステイトの全てのフットボール・チームを全部雇い、セールス・ガールに合唱隊を組織させたステイシイ百貨店の新経営方針は大成功を納めた。チームにはマスコットの所有者ジョーも一緒だった。ラリイが何よりも残念な事はグロリアとフィニガンが再開し親交を温め出した事だった。向かいのウインプル百貨店ではこれに対抗するため、こるとん大学の全てのチームを雇って挑戦した。現に図らずも昔の対校試合が再興し、今度は莫大な賞金の下に両軍が戦った。試合は甚だしい珍試合だった。ジョーは家鴨を連れて応援し、ラリイはフィニガンの許可を得て試合に出、奮戦してステイシイ側に凱歌を挙げさせた。試合がおをるとラリイはあれ程やきもきしていたグロリアをあっさりフィニガンに譲って自分はジューンと結婚したのである。

「カレッジ・リズム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カレッジ・リズム」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「カレッジ・リズム」のみんなのレビュー

「カレッジ・リズム」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません


「カレッジ・リズム」を観ているあなたにおすすめの映画