狼やくざ 葬いは俺が出す

おおかみやくざとむらいはおれがだす
上映日
1972年11月17日

製作国
日本

上映時間
85分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

“狼やくざ”シリーズ第二作目。麻薬取引きで甘い汁を吸っている強大な暴力団に、ひと癖もふた癖もある七人の命知らずの男たちが挑む。脚本は中西隆三、監督は「緋牡丹博徒 仁義通します」の斎藤武市、撮影は「不良番長 手八丁口八丁」の山沢義一がそれぞれ担当

「狼やくざ 葬いは俺が出す」のストーリー

拳銃密売屋、伊吹徹はいつものように相棒の正男と、不良米兵と銃の取り引きをしていた時、突然、この取り引きの依頼主仙波組々長が襲撃、金と銃を略奪され、正男まで殺されてしまった。そして伊吹は、刑事神部に逮捕された。ところが仙波も、同じ東桜会の組員である剣持組々長剣持に運河へと突き落とされる。これらは全て、東桜会々長桜田の仕組んで罠だったのである。服役中の伊吹はやくざ組織に恨みを抱いている元ボクサー結城と知り合い意気投合する。やがて出所した二人は、正男の兄の荒木田義一に匿ってもらい、復讐の為の腕利きの仲間を集める。大熊、次郎、永川、皆それぞれ命知らずの猛者連である。作戦が開始された。まず、東桜会の資金源であるキャバレー等の集金車を襲い、略奪に成功したが、次郎が捕われてしまった。救出に行った伊吹たちの危機を救ったのは、剣持に殺された筈の仙波だった。伊吹と仙波は、過去を水に流し、桜田に復讐すべく共同作戦を練る。やがて、東桜会が大取引をするという情報をキャッチした伊吹たちは、それぞれ過去の怨念を果すべく大攻撃をかけるのだった。

「狼やくざ 葬いは俺が出す」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「狼やくざ 葬いは俺が出す」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1972
公開年月日 1972年11月17日
上映時間 85分
製作会社 東映東京
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「狼やくざ 葬いは俺が出す」のみんなのレビュー

「狼やくざ 葬いは俺が出す」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません