カリフォルニア・スイート

かりふぉるにあすいーと
上映日
1979年4月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ロサンゼルスにある超豪華ホテルを舞台に、そこに投宿する数組の夫婦たちのドラマを描くグランドホテル形式の映画。製作はレイ・スターク、監督は「グッバイガール」のハーバート・ロス、脚本は同作のニール・サイモン、撮影はディビッド・M・ウィルシュ、音楽はクロード・ボーラン、編集はマイケル・A・スティーヴンスン、製作デザインはアルバート・ブレナーが各々担当。出演はアラン・アルダ、マイケル・ケイン、ビル・コスビー、ジェーン・フォンダ、ウォルター・マッソー、エレイン・メイ、リチャード・プライヤー、マギー・スミス、グロリア・ギィフォード、シェイラ・フレイザー、ハーバート・エデルマンなど。

「カリフォルニア・スイート」のストーリー

アカデミー主演女優賞にノミネートされた英国の人気女優ダイアナ・バリー(マギー・スミス)は、受賞式出席のため、古美術商の夫、シドニー(マイケル・ケイン)と宿舎のビバリー・ヒルズ・ホテルに向かう、その途中のハイウェイでエンコしている車を追い越した。その車に乗っていたのは、シカゴに住む2組の医師夫婦、ウィリス博士(ビル・コスビー)とショーンシイ博士(リチャード・プライヤー)夫妻だった。4人は休暇を過ごすためビバリー・ヒルズに向かうところだったが、スタートそうそう険悪ムード。一方、ホテルの1室では、離婚した後、娘のことで久しぶりに会うことになった脚本家のビル(アラン・アルダ)とハンナ(ジェーン・フォンダ)だったが、あまりにカリフォルニアナイズされたビルの様子にハンナは皮肉な言葉ばかりを浴びせた。その頃同じホテルには、フィラデルフィアからロス見物に来たマービン(ウォルター・マッソー)が宿泊することになったが、部屋に入ると、弟がプレゼントしたコールガールが寝ている始末。ウィリスとショーンシイ夫妻は、部屋の水道栓がこわれたり、レストラン・フジヤマのスシを食べ過ぎたりの難続き。その夜、アカデミー賞を取れなかったダイアナはシドニーにあたり散らし、寝るまでに一騒動。翌日、マービンが目をさますと隣りに例のコールガールがボトルを一本カラにして寝こんでいた。時計を見ると妻のミリー(エレン・メイ)が来る時刻。やがて到着したミリーに事態がバレたマービンは説得の結果やっと仲直り、タクシーで空港へ。空港では、不気嫌だったハンナも娘の見送りで気分晴れて発っていくのだった。

「カリフォルニア・スイート」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カリフォルニア・スイート」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1979年4月28日
製作会社 レイ・スターク・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「カリフォルニア・スイート」のみんなのレビュー

「カリフォルニア・スイート」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。