借りた人生

かりたじんせい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

英国の小説家ウィリアム・J・ロックの作「毛を刈った羊」から「鉄窓と花束」「タッチダウン」と同じくグローヴァー・ジョーンズおよびウィリアム・スレイヴンス・マクナット両人が脚色し、「恋愛運動場」「愛欲の果て」のロタール・メンデスがメガフォンをとったもので主なる出演者は「ジーキル博士とハイド氏(1932)」「夜の天使」のフレドリック・マーチ、「偽りのマドンナ」「街のをんな」のケイ・フランシス「忍びよる心」「鐡壁の男」のジュリエット・コンプトン、「めくらの鼠」のスチュアート・アーウィン「二十四時間」「陽気な中尉さん」のジョージ・バービア、「大西洋横断」のアール・フォックス、シドニー・トーラー、ルシエン・リツルフィード等。キャメラは「頬は薔薇色」「偽りのマドンナ」のヘンリー・シャープが担任。

「借りた人生」のストーリー

金持ちアーサー・ドレークは性来心臓が弱く肉体的に不幸だったが精神的にも惨めだった。彼は過去に犯したある後暗い罪をひた推しに推し隠そうとして焦燥と不安の日を送っていた。彼の唯一の慰めはエジプト考古学に関する執筆だった。彼の女秘書ディアヌはかねてアーサーに秘密のあることを勘づき探偵マクフェールと連絡をとってそれをさぐろうとしていた。双生児の彼の弟バディーは父親の存命中に家出して久しくルンペン生活を送っていたが、ある日一文無しになって帰って来てアーサーに金の無心をした。そして計らずもアーサーが父親の遺産処分に何か不正を働いたことを見抜きアーサーに詰まった。それを聞いたアーサーは憤激のあまり心臓麻痺で死んでしまった。そこでバディーは自分自身が死んだことにしてアーサーになりすましアーサーの秘密をさぐることになった。何も知らない女秘書ディアヌはアーサーが以前と打って変わった朗らかな寛大な人となり、何か知らぬ犯した過去の罪を悔いて、その償いをしようとしているのを見て意外に思った。そして遂に彼女はアーサーならぬバディーに心惹かれるようになりバディーも美しいディアヌを恋するようになった。ある日バディーはアーサーが生前ミュリエルという女恐喝者に引掛っていたことが判った。ミュリエルはバディーとディアヌとの恋を妨害しアーサーの過去の秘密を世間に洩らすといきまいた。丁度その折り、探偵マクフェールはアーサーが女恐喝者ミュリエルの相棒クラークとグルになって父親の遺言書を偽造して遺産をひとり占めにしたことを突きとめアーサーを逮捕に来た。それを知ったディアヌは急をバディーに告げた。そこでバディーは初めて自分がアーサーではなく双生児の弟バディーであることを打明け、ディアヌを連れて逃げようとしたが失敗し捕えられた。が、バディーがアーサーの弟であることが判り無罪放免となった。バディーは莫大な遺産を継ぎディアヌと結婚した。

「借りた人生」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「借りた人生」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「借りた人生」のみんなのレビュー

「借りた人生」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません