雁(かりがね)

かりがね
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

マゾ・ドゥ・ラ・ローシュ作の1万弗懸賞当選小説の映画化で、「泉」「痴人の愛」のジョン・クロムウェルが監督に当たったもの「嫌疑者」のギャレット・フォートがラリー・バックマンと協力して改作し、「心の痛手」のアンソニー・ヴェイラーが脚色している。主なる主演者は「痴人の愛」のケイ・ジョンソン、「街の花嫁」のアイアン・ハンター、「十字軍」のC・オーブリー・スミス、「虚栄の市(1935)」のナイジェル・ブルース、「幻の合唱」のデヴィット・マナース、本邦では新顔のペギー・ウッド、「巴里も夜もすがら」のジェシー・ラルフ、英国映画界から来たモリー・ラモント、「今日の男性」のセオドア・ニュートン等で、撮影は「野いばら」のエドワード・クロンジェガーの担当。

「雁(かりがね)」のストーリー

カナダの南オンテリオの片田舎、ジャルナ農園での出来事である。農園の主、ホワイトオーク家の当主はレニーという36才の働き盛り、彼には両親はなく、99才になる祖母のグラン、70才を越した独身の叔父2人がおり未婚の姉メッグが主婦役で、弟のビヤースは農夫、3男イーデンは詩人、4男はフィンチ、5男は9才のウェークという大家族である。イーデンはニューヨークの本屋から処女詩集を出版することとなり、赴いて本屋の女店員アレーン・アーチャーと共鳴し、恋をして1週間で結婚して農園へ帰る。一家は花嫁を歓迎したがレニーだけは家畜品評会へ出かけて不在だった。イーデンの結婚に刺激されたピアースも、かねて仲良しのフェザント・ヴォーンと結婚して晩餐の席上に現れる。するとメッグやグランはピアースの軽率を罵った。というのは、18年前メッグはモーリス・モーンと婚約していたのだがある日嬰児のフェザントがモーリスの子としてヴォーン家に持ち込まれたためにメッグは怒って婚約を破棄し、当のモーリスも自棄になってそれ以来酒浸りになっている、という因縁があるからである。そこへレニーが戻ってきたが、彼はピアースの肩を持ちフェザントをいたわった。アレーンはそれに好感を持った。アレーンは農園に住んでみると、次第に夫のイーデンの詩作の生活が無為と思われ、彼の詩に感興を覚えなくなった。その無為を乗馬でまぎらすようになった彼女は、馬好きのレニーの気持ちが判るような気がされ、ある日、森の中でレニーに遭うと、2人の唇はいつか互いに求め合っているのに自分ながら驚いたのであった。アレーンはこれはいけないと思い夫婦でニューヨークへ移る事となったが、イーデンが脚を怪我したので無期延期となった。そして病床のイーデンの介抱役はフェザントが勤め、それが2人を接近させた。そしてイーデン全快の祝いにピクニックが催された日、イーデンはフェザントと恋を語り、崖から飛び降りて自殺してしまった。イーデンの死はジャルナ農園の人々の心機を一転させた。メッグとモーリスが改めて婚約を結んだ事、別れてニューヨークへ帰途に着いたアレーンを追ってレニーが結婚を申し込んだ事などがそれである。そしてグランは100才の誕生日を迎えて益々の健勝であった。

「雁(かりがね)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「雁(かりがね)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 RKOラヂオ映画
レイティング

「雁(かりがね)」のみんなのレビュー

「雁(かりがね)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。

「雁(かりがね)」を観ているあなたにおすすめの映画