カリアンテ

かりあんて
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ワンダー・バー」「空中レヴュー時代」のドロレス・デル・リオ、「支那ランプの石油」「頑張れキャグニー」のパット・オブライエンを始め、「歌の翼」のレオ・カリーロ、「小さい親分」のグレンダ・ファレルが共演する映画で、「第7号国際列車」のラルフ・ブロックと「運ちゃん武勇伝」のウォーレン・ダフが共同で書き卸し、ジェリー・ウォルドとジュリアス・エプスタインが協力して脚色し、「シスコ・キッド(1935)」「頑張れキャグニー」のロイド・ベーコンが監督し、「Gメン」のソル・ポリートと「お姫様大行進」のジョージ・バーンズが撮影した。助演は「泥酔夢」のフィル・リーガン、「ゴールド・ディガース36年」のウィニフレッド・ショウ、「運ちゃん武勇伝」のドロシー・デーア等で、デマーコ・ダンス・チーム、カノヴァ4重奏団も出演している。

「カリアンテ」のストーリー

雑誌記者ラリイは社長ハロルドに伴われて墨西可のカリアンテへ赴く。そこで彼はリタという美しい娘に惚れるが、リタこそはラリイが甞て酷評したダンサーのエスパニータである。彼女は復讐された復讐をせんと彼に近付いたが、いつかリタもラリイを恋してしまう。その後ラリイはリタが踊るところを見て、彼女がエスパニータであることを知り、甞て酷評したときは酔っぱらっていたのだと弁解して、彼女の憤りも納まった。ところが、紐育でラリイが恋していたブロンドのフラッパーのクララが、彼を追ってカリアンテに現れ、いきなりラリイに飛びついて、接吻したのでリタは腹を立ててその場を飛び出し、自動車で逃げる。ラリイは辛くも自動車に追いすがり、やっとの事で乗車する。ラリイが逃げたと思ったクララは憤慨していると、ハロルドに出会ったので彼を無理やりタクシーに引っ張り込んでラリイの自動車の後を追う。双方の自動車はメキシコ国境でストップを食うが、その時には、クララはハロルドが金持ちであることを知ったので、あっさるラリイを思い切ってハロルドに鞍替えする。和解したリタとラリイも治安判事の許へ駆け付ける。

「カリアンテ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カリアンテ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ワーナー支社
レイティング

「カリアンテ」のみんなのレビュー

「カリアンテ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。