かもめの城

かもめのしろ
上映日
1966年3月1日

製作国
アメリカ

上映時間
104分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フィリス・ヘイスティングスの小説『カカシの歓び』を「渚のたたかい」のスタンリー・マンが脚色、「バタシの鬼軍曹」のジョン・ギラーミンが監督した思春期の少女の心理もの。撮影は「悪徳の栄え」のマルセル・グリニョン、音楽は「軽蔑」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「ハッド」のメルヴィン・ダグラス、「シベールの日曜日」のパトリシア・ゴッジ、「息子と恋人」のディーン・ストックウェル、「沈黙(1962)」のグンネル・リンドブロムほか。製作はクリスチャン・フェリー。

「かもめの城」のストーリー

フランス・ブルタニーの村外れ。元判事ラーボー(メルヴィン・ダグラス)は長女ジュヌビエーブ、次女アグネス(パトリシア・ゴッジ)と3人で暮らしていた。女中のカレン(グンネル・リンドブロム)の元には夜毎男が通って来る。アグネスはそれを知っている。彼女は鳥を追い払うためかかしを作り、父親の古着を着せて深い愛情を示しはじめた。ある日、ラーボー家の人々は護送者から脱走するジョセフ(ディーン・ストックウェル)という男を目撃した。彼はかかしの服と着替えており、一家の者は彼を匿まってやることにした。そしてアグネスとジョセフはある夜ともに語り明かした。彼女は父が元判事で、妻が死ぬと、すぐ隠遁生活をはじめたことなどを語った。翌朝警官がジョセフを探しに来たのでアグネスは彼を畑の小屋に隠した。後刻、アグネスは小屋の中でカレンとジョセフが抱きあっているのを見つけてしまった。カレンは家を出て行った。その夜、アグネスとジョセフは肉体関係を結んだ。2人は家出し、ある工業都市へ行く。そして間借り生活をはじめたが、アグネスはジョセフが渡された金をなくしたことから家へ帰ってしまった。そこには警官が待っていた。ジョセフが負傷させた警官が死に、傷害致死罪に問われていたのだ。ジョセフが彼女の後を追って戻って来た。父親の警告を聞いて逃げたが、追いつめられて崖から飛び降りて死んだ。

「かもめの城」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「かもめの城」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1966年3月1日
上映時間 104分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ

「かもめの城」のみんなのレビュー

「かもめの城」のレビューを書く

「かもめの城」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。