• TOP
  • 仮面の男(1944)

仮面の男(1944)

かめんのおとこ
上映日
1950-07-18

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

ヨーロッパを舞台に探偵作家が、殺人事件の真相を追うサスペンス・ドラマ。エリック・アンブラーの小説「ディミトリオスの棺」の映画化で、脚本はフランク・グルーバーが執筆。製作はヘンリー・ブランク、監督はジーン・ネグレスコ、撮影はアーサー・エディスン、音楽はアドルフ・ドイッチェ、レオ・F・フォーブステイン、編集はフレデリック・リチャーズが担当。出演はピーター・ローレ、シドニー・グリーンストリート、ザカリー・スコット、ヴィクトル・フランサンなど。
ヨーロッパを舞台に探偵作家が、殺人事件の真相を追うサスペンス・ドラマ。エリック・アンブラーの小説「ディミトリオスの棺」の映画化で、脚本はフランク・グルーバーが執筆。製作はヘンリー・ブランク、監督はジーン・ネグレスコ、撮影はアーサー・エディスン、音楽はアドルフ・ドイッチェ、レオ・F・フォーブステイン、編集はフレデリック・リチャーズが担当。出演はピーター・ローレ、シドニー・グリーンストリート、ザカリー・スコット、ヴィクトル・フランサンなど。

「仮面の男(1944)」のストーリー

1938年、イスタンブールの海岸に凶悪犯ディミトリオスの死体が上がった。探偵作家のライデンは、ディミトリオスが22年にトルコで殺人を犯し、翌年、ソフィアで首相を暗殺、3年後にはベオグラードでスパイ活動、さらにパリでギャング団に加わったという話を聞き、彼の足跡を辿っていく。アテネで身元を調べ、ソフィアへ渡り、ディミトリオスの恋人イラナにも会った。ホテルでピータースと名乗る男がディミトリオスの情報を売れと言ってきたので、パリで再会する約束をした。パリに着いたライデンはピータースの身元を調べたが、彼はディミトリオスに裏切られたギャング団の一員だった。ライデンは再会したピータースに、イスタンブールに上がった死体が、ディミトリオスではなく、彼がまだ生きていることを教えた。ピータースはこれをネタにディミトノオスを脅迫するが、同士討ちとなるのだった。

「仮面の男(1944)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「仮面の男(1944)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1944
公開年月日 1950-07-18
製作会社 ワーナー・ブラザース作品
レイティング

「仮面の男(1944)」のみんなのレビュー

「仮面の男(1944)」のレビューを書く

「仮面の男(1944)」の関連作を観る