KAFKA 迷宮の悪夢

かふかめいきゅうのあくむ Kafka
上映日
1992年6月13日

製作国
アメリカ

上映時間
98分

ジャンル
SF ホラー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

第一次大戦後のプラハで『変身』を執筆中の作家フランツ・カフカが、その小説世界を思わせる悪夢的な迷宮世界に巻きこまれてゆくドイツ表現主義的SFホラー。監督・編集は「セックスと嘘とビデオテープ」のスティーヴン・ソダーバーグ、脚本は、「ハード・ウェイ」のレム・ドブス、撮影は「セックスと嘘とビデオテープ」のウォルト・ロイド、製作はスチュアート・コーンフェルドとハリー・ベン、エグゼクティヴ・プロデューサーはポール・ラッサムとマーク・ジョンソン、音楽はクリフ・マルティネスが担当。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2021年1月12日に投稿
    87
    • 手に汗握る
    • 怖い

    ネタバレ

「KAFKA 迷宮の悪夢」のストーリー

1919年、プラハ。カフカ(ジェレミー・アイアンズ)は昼は労働者災害保険協会で事務員として働き、夜は小さな屋根裏部屋で小説を書く、単調な毎日を送っていたが、ある夜数少ない友人だった同僚が失踪、ただひとりで調査を開始した。しかし、同僚の恋人ガブリエラ(テレサ・ラッセル)は奇妙なことにそんな男は知らないと言い、カフカを誘惑する。その夜遅く、カフカは突然呼び出されて死体置き場で友人の遺体を確認、グルーバック刑事(アーミン・ミューラー・スタール)は自殺と断定するが、カフカは強い疑問を抱く。次の夜、彼はガブリエラに誘われてアナーキストの集会に出席、友人が医療記録部門のミスで、街を監視するようにそびえる_城_に呼び出されていたことを知る。彼らに_城_の秘密を探るため、調査を依頼されたカフカは事務所長(アレック・ギネス)を訪ね、記録のすべてが、_城_に送られていることを発見する。しかし、カフカがアナーキストたちの集会場へ行くと、彼らは全員殺されていた。翌日深夜、協会で残業していたカフカは、窓を破って侵入してきた不気味な笑う男に襲われ、家に逃げ帰る途中で2人の男に銃をつきつけられて城へ連行されそうになる。間一髪、カフカはビズルベック(ジェローン・クラッベ)と名乗る男に助けられ、墓地にある城への秘密の通路を聞き出す。潜入に成功したカフカが見たものは、複雑に入り組んだ事務所のような、官僚主義の悪夢そのものの迷宮だった。そして、医療部門の責任者ムルナウ博士(イアン・ホルム)こそが一連の事件の真犯人であり、巨大な顕微鏡を使って人間の脳を研究、笑顔で従順に働く改造人間を開発していたのだった。ガブリエラもいつの間にか捕らえられて、まさに改造されようとしていた。カフカはやっとのことで博士の手下から逃れ、博士は混乱の中で自滅するが、城の機構はあまりにも巨大であり、カフカは再び単調な日常に戻っていくほかなかった。

「KAFKA 迷宮の悪夢」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「KAFKA 迷宮の悪夢」のスペック

基本情報
ジャンル SF ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992年6月13日
上映時間 98分
製作会社 ボルチモア・ピクチャーズ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
音量 ドルビーSR

「KAFKA 迷宮の悪夢」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2021年1月12日に投稿
    87
    • 手に汗握る
    • 怖い

    ネタバレ

「KAFKA 迷宮の悪夢」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。