カバーガール

かばーがーる
上映日
1977年10月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

愛する人も捨て、ひたすらスター街道を歩む女性が、本当の愛を知るまでの姿を描くミュージカル。44年度アカデミー・ミュージカル音楽賞受賞作品。製作はアーサー・シュワルツ、監督は「武器よさらば」のチャールズ・ヴィダー、脚本はヴァージニア・ヴァン・アップ、撮影はルドルフ・マテ、作曲はジェローム・カーン、作詞はアイラ・ガーシュイン、音楽監督はモリス・W・ストロフ、振付はバル・ラセット、シーモア・フェリックス、ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネンが各々担当。出演はジーン・ケリー、リタ・ヘイワース、フィル・シルヴァース、オットー・クルーガー、リー・ボウマンなど。

みんなのレビュー

「カバーガール」のストーリー

ラスティ(リタ・ヘイワース)はナイトクラブのコーラス・ガール。舞台監督で恋人のダニー(ジーン・ケリー)と、ジーニアス(フィル・シルヴァース)は、いつもショーが終わると、行きつけのレストランで1日の疲れをいやしている。一方、ブロードウェイで歌い踊る夢をみるラスティは、雑誌のカバーガール・コンテストに応募する。そして、その雑誌の発行人クデア(オットー・クルーガー)に気に入られ、彼女はただちにカバーガールに選ばれた。一夜のうちに人気者になるラスティ。彼女の出演するクラブ・シドーも大繁盛のある日、ブロードウェイのプロデューサーのノエル(リー・ボウマン)が彼女のもとにやって来る。スターへの道を歩もうとするラスティを、ダニーとジーニアスは複雑な気持ちで見つめた。やがて、ダニーと別れて仕事をすることを渋っていたラスティをくどき落とすため、ノエルは彼女を自分の劇場へつれていく。ラスティにとっては夢にみた場所。翌朝、リハーサルに遅れたラスティをダニーはなじった。泣きながら去っていくラスティ。やがてそんな彼女もブロードウェイのスターとなっていく。だが日々は淋しい。ダニー達がいないからだ。彼女はクラブを訪れるが、そこはもう閉鎖されている。彼女がクラブをやめてすぐ、ダニー達は巡業に出ていったのだ。痛飲するラスティは、ノエルのプロポーズをOKした。そして結婚式の当日、今もやはりダニーを忘れられず迷うラスティ。そんな彼女にクデアは、ラスティの祖母がクデアとの結婚式の最中に愛する人の元に去っていった話をした。今こそ愛するダニーのもとへ。ラスティは花嫁衣裳のまま走っていくのだった。

「カバーガール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カバーガール」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1944
公開年月日 1977年10月8日
製作会社 コロムビア映画作品
配給 インターナショナル・プロモーション
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「カバーガール」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。