彼女はハイスクール・ボーイ

かのじょははいすくーるぼーい
上映日
1985年11月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

男女平等を主張し、ある日突然性別を変えて男子校に入学した女の子が捲き起こす騒動を描く青春映画。製作はアンドリュー・フォーゲルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェフ・フランクリン、監督はこの作品がデビューとなるリサ・ゴットリーブ。デニス・フェルドマンの原案を基にフェルドマンとジェフ・フランクリンが脚色。撮影はジョン・マクファーソン、音楽はトム・スコットが担当。出演はジョイス・ハイザー、クレイトン・ローナーなど。

「彼女はハイスクール・ボーイ」のストーリー

18歳のテリー(ジョイス・ハイザー)は、ミニ・スカートのよく似合う、エドウィン・パール・ハイスクールの人気者だ。ボーイ・フレンドのケヴィン(レイ・マクロスキー)の車で学校に行くと、新聞サン・トリューンのジャーナリスト・コンテストから、自分の記事がはずされたことを知る。相談員の先生につめ寄るが、逆に女の子だということがハンディになっていることを思い知り、ショックを受ける。男の人生にチャレンジしようと決意した彼女は、男装して、次の週からは、となりのスタージェス=ワイルダー・ハイスクールに入学してしまう。初日そうそう、内気そうなリック(クレイトン・ローナー)という親友ができるテリー。テリーのアドバイスでイメージ・チェンジに成功したリックは、悪ガキのグレッグ(ウィリアム・ザブカ)のステディ、グラマーなデボラ(デボラ・グッドリッチ)に接近する。が、グレッグが黙っているはずがなく決戦ムードが高まる。テリーのはげましで見事グレッグを倒したリックは、デボラといいムード。テリーは、内心、気が気でない。やがて海辺のプロムナードの時期になる。リックはデボラと踊っている。そこヘグレッグが突入、リックにパンチを加える。とめに入ったテリーは、海に投げ込まれた。リックへの愛に気がつくテリー。びしょ濡れのまま、リックに告白する、「私、女の子なの…」。茫然とするリックにキスをする彼女。パール・ハイスクールに戻ったテリーは、体験リポートをタイプし、それがコンテストで絶賛される。しかし失恋の痛手は大きい。ある日、ドレス・アップして街を歩いていたテリーは、目の前にリックの笑顔を見るのだつた。

「彼女はハイスクール・ボーイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「彼女はハイスクール・ボーイ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1985年11月2日
製作会社 コロムビア映画作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「彼女はハイスクール・ボーイ」のみんなのレビュー

「彼女はハイスクール・ボーイ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。