青髭八人目の妻

あおひげはちにんめのつま Bluebeard's Eighth Wife
製作国
アメリカ

上映時間
85分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「パリで逢った彼」「二国旗の下」のクローデット・コルベールと「マルコ・ポーロの冒険」「平原児」のゲイリー・クーパーなどが主演する映画で、「生活の設計」「メリイ・ウイドウ(1934)」のエルンスト・ルビッチが監督・製作したもの。アルフレッド・サヴォア作の喜劇をチャールトン・アンドルウスが英訳した翻案戯曲により、「ジャングルの女王」「女罠」のチャールズ・ブラケットと「シャムパン・ワルツ」「空飛ぶ音楽」のビリー・ワイルダーが協力して脚本を書いている。助演者は「メリイ・ウイドウ(1934)」「生活の設計」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「孔雀夫人(1936)」のデイヴィッド・ニーヴン、「たくましき男」のエリザベス・パターソン、「シャムパン・ワルツ」のハーマン・ビングその他で、撮影 は「巴里で逢った彼」のレオ・トーヴァーの担任である。

「青髭八人目の妻」のストーリー

リヴィエラのデパートで米国人マイケル・ブランドンがパジャマの上だけを売れと押問答をしているところへ、フランスの若い娘ニコルが来てその下を買って去った。ホテルではニコルの父親、貧乏貴族のロアゼルは、米国の富豪ブランドンに商売の企画を売りつけようと待っていた。何も知らぬブランドンが不圓見るとロアゼルは自分と同じパジャマの下を着ているので、ニコルがその娘であるのを知って、商売は断ったがその代わりにルイ14世の浴槽という怪しげな物を高価に買った。ロアゼルは娘を金持ちと結婚させようという計画だが、ニコルはブランドンが富豪であることを知っても更に興味を感じないで、旧友のアルベールと遊び廻っている。ところが彼の勧めている銀行の米国本店社長がブランドンなのだから、彼は社長に見つかって秘書を命ぜられニコルのそばへは寄りつけない。ブランドンが彼女に対する執心は大変なもので、到頭ニコルも父親の言葉に従って結婚の決心をした。ところが式の記念撮影の直前になって、ブランドンは今までに7人の妻と離婚したことが判ったので、体面を重んずる伯母さんの反対はあったけれど、ニコルは金のための結婚だと明言し、離婚した場合には年10万ドルの手当てを支払う約束をさせて結婚した。かくてニコルの彼に対する戦端が開始され、欧州全土にわたる新婚旅行の間にも、あらゆる手段を用いてブランドンを寄せつけなかった。つまり彼を苦しめて離婚させ、10万ドルの年金を取るのが彼女の目的である。夫が商用で他の地へ行くと称して去った晩に、ニコルはボクシング選手を雇って家に入れて置いた。彼女の想像通りブランドンは引帰して来たが、その前に酔っぱらったアルベールが入ってきたので、ボクシング選手は彼を主人と間違えて、ニコルに命ぜられたようにアルベールをノックアウトしてさっさと引上げた。ブラントンが帰って見ると、そこにはアルベールが寝ていたから、さすがの彼も憤然としてついに離婚した。ニコルの目的は見事に達っせられたのである。しかし別れたみると彼女は初めてブランドンを心から愛していることに気がついた。ブランドンはひどい神経衰弱にかかって療養所に入っていた。ニコルに会うまいとして暴れる彼を、看護人たちが身動きのできぬように縛りつけ、そこへニコルは入って行った。そして彼を捉えると、もがいて逃げようとするブランドンの耳に、ニコルは思いのたけを打ちあけた。ブランドンの妻もついに8人目で終ることになったのである。

「青髭八人目の妻」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青髭八人目の妻」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1938
上映時間 85分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「青髭八人目の妻」のみんなのレビュー

「青髭八人目の妻」のレビューを書く

「青髭八人目の妻」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません