カナダ平原

かなだへいげん
上映日
1952年11月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「決闘カリブ街道」と同じくナット・ホルトが製作し、エドウィン・L・マリンが監督に当たった1949年作品で、カナダ太平洋岸鉄道敷設当時を背景にしたシネカラーによる活劇。「追いはぎ」のジャック・デイヴィットの原作を、デイヴィット自身とケネス・ガメットが脚色し、撮影は「決闘カリブ街道」のフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽は「真昼の決闘」のディミトリ・ティオムキンの担当。出演者は「拳銃45」のランドルフ・スコット、「硝煙のカンサス」のジェーン・ワイアット、「ボー・ジェスト(1939)」のJ・キャロル・ナイシュ、「決闘カリブ街道」のヴィクター・ジョリー、「武装市街」のナンシー・オルソン、ロバート・バラット、「赤い家」のウォルター・サンドら。

「カナダ平原」のストーリー

トム・アンドリュース(ランドルフ・スコット)はカナダ太平洋鉄道の建設工事に従事していたが、工事はカナディアン・ロッキーの峠にさしかかって難儀をきわめ、恋人セシル(ナンシー・オルソン)との結婚もあきらめようとしていた。毛皮商のダーク・ローク(ヴィクター・ジョリー)はこの工事に反対で、しかもセシルに気があった。ある日、トムがダークと大格闘を始め、彼を打ち負かした後で、セシルに工事完成まで結婚を待ってくれと申し入れたが、彼女は誤解して2人の間はまずくなった。トムはダークの仕掛けたダイナマイトで大けがをし、女医エディス(ジェーン・ワイアット)の献身的な看護で一命を取りとめた。その頃、ダークはインディアンが鉄道敷設隊を襲撃する計画に乗じて鉄路をダイナマイトで爆破しようと企てていた。これを知ったセシルは、トムに知らせるため馬を走らせた。途中出逢ったダークは、彼女にトムがエディスと恋に落ちたと告げ口したが彼女は相手にしなかった。セシルが工事現場に到着してみると、労働者の給料が遅れがちで暴動の気配さえあった。トムは彼女の報告に感謝した。インディアンの攻撃が始まり、ダークは反対にインディアンのために殺された。うしおのように押し寄せるインディアンの攻撃で、鉄道建設隊の敗色は濃くなったが、その時、救援列車がばく進してきた。インディアンは逃げ去り、鉄路は無事確保された。トムはセシルと仲直りしてあらためて結婚を申し込んだ。

「カナダ平原」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カナダ平原」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1949
公開年月日 1952年11月17日
製作会社 ナット・ホルト・プロ映画
配給 映配
レイティング
カラー/サイズ カラー

「カナダ平原」のみんなのレビュー

「カナダ平原」のレビューを書く

「カナダ平原」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません