カナダ平原

かなだへいげん
上映日
1952年11月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「決闘カリブ街道」と同じくナット・ホルトが製作し、エドウィン・L・マリンが監督に当たった1949年作品で、カナダ太平洋岸鉄道敷設当時を背景にしたシネカラーによる活劇。「追いはぎ」のジャック・デイヴィットの原作を、デイヴィット自身とケネス・ガメットが脚色し、撮影は「決闘カリブ街道」のフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽は「真昼の決闘」のディミトリ・ティオムキンの担当。出演者は「拳銃45」のランドルフ・スコット、「硝煙のカンサス」のジェーン・ワイアット、「ボー・ジェスト(1939)」のJ・キャロル・ナイシュ、「決闘カリブ街道」のヴィクター・ジョリー、「武装市街」のナンシー・オルソン、ロバート・バラット、「赤い家」のウォルター・サンドら。

「カナダ平原」のストーリー

トム・アンドリュース(ランドルフ・スコット)はカナダ太平洋鉄道の建設工事に従事していたが、工事はカナディアン・ロッキーの峠にさしかかって難儀をきわめ、恋人セシル(ナンシー・オルソン)との結婚もあきらめようとしていた。毛皮商のダーク・ローク(ヴィクター・ジョリー)はこの工事に反対で、しかもセシルに気があった。ある日、トムがダークと大格闘を始め、彼を打ち負かした後で、セシルに工事完成まで結婚を待ってくれと申し入れたが、彼女は誤解して2人の間はまずくなった。トムはダークの仕掛けたダイナマイトで大けがをし、女医エディス(ジェーン・ワイアット)の献身的な看護で一命を取りとめた。その頃、ダークはインディアンが鉄道敷設隊を襲撃する計画に乗じて鉄路をダイナマイトで爆破しようと企てていた。これを知ったセシルは、トムに知らせるため馬を走らせた。途中出逢ったダークは、彼女にトムがエディスと恋に落ちたと告げ口したが彼女は相手にしなかった。セシルが工事現場に到着してみると、労働者の給料が遅れがちで暴動の気配さえあった。トムは彼女の報告に感謝した。インディアンの攻撃が始まり、ダークは反対にインディアンのために殺された。うしおのように押し寄せるインディアンの攻撃で、鉄道建設隊の敗色は濃くなったが、その時、救援列車がばく進してきた。インディアンは逃げ去り、鉄路は無事確保された。トムはセシルと仲直りしてあらためて結婚を申し込んだ。

「カナダ平原」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カナダ平原」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1949
公開年月日 1952年11月17日
製作会社 ナット・ホルト・プロ映画
配給 映配
レイティング
カラー/サイズ カラー

「カナダ平原」のみんなのレビュー

「カナダ平原」のレビューを書く

「カナダ平原」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません