風を起す女

かぜをおこすおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「世界の母」「クレイグの妻」のロザリンド・ラッセルが、「恋の凱歌」「男装」のブライアン・エイハーンと共に主演する映画で、エリック・シャレルが書きおろしたストーリーをテレーズ・ルイスとバリー・トリヴァースが協力脚色し、「ナイトクラブの女」「懐しのアリゾナ」のアーヴィンゲ・カミングスが監督、「再会(1944)」のジョセフ・ウォーカーが撮影監督した。主演者両優を助けて新顔のウィラード・パーカーを始め、アラン・ダインハート、エドワード・フィールディング、アン・サヴェッジ、ダグラス・ウッドらが出演している。

「風を起す女」のストーリー

上院議員エインスリーの娘キャロルは、シナリオや俳優を映画会社に売り込むブローカーで、最近「旋風」というベストセラー小説をある会社に売り込み、その映画に出演するスター探し中である。雑誌「ニッカ・ボッカ」の主筆ヘンリー・ペバアはこの評判の女ブローカーの記事を雑誌に掲載しようと彼女の身辺につきまとう。彼女はうるさがったが次第に彼に好意を抱く。その上彼のおかげで「旋風」の著者アンソニー・ストリイドが映画の主演者にもって来いの人物であることを発見した。本名マイケル・コップというペンシルヴァニアのバクストン大学の教授で、若い六尺豊かな金髪男の彼はキャロルのお眼鏡にかなったが、エリザベス朝文学専攻の学者肌のマイケルは、映画に出演することはもちろん、本名が発表されることもいやがる。しかし商売柄抜け目のないキャロルは彼をニューヨークへ連れ出した。マイケルはもともと俳優になる意志はなかったので大学へ帰ろうとしたが、ヘンリーに引き留められ激励され、その夜ヘンリーにつき合って一夜を明かした。そしてマイケルは一晩の間に生まれ変わったような人間になり、スクリーン・テストに成功しキャロルと共にハリウッドへ行くこととなる。そして彼はいつの間にかキャロルに愛情を抱くようになった。2人がハリウッドへ出発する日、キャロルは父親の誕生祝いに招ばれる。そこへ追いかけて来たマイケルは彼女に求婚し、彼を愛していない彼女がはっきり返事もしないうちに、居合わせた新聞記者に彼女との婚約を発表し、翌日結婚する手続きまでしてしまう。翌日ヘンリーは花婿の付添人としてやって来る。驚いた彼女はことの次第をヘンリーに釈明して彼の誤解をとき、マイケルの求婚を正式に拒絶し、ヘンリーと婚約したのである。

「風を起す女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「風を起す女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1943
製作会社 コロンビア映画
レイティング

「風を起す女」のみんなのレビュー

「風を起す女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「風を起す女」を観ているあなたにおすすめの映画