影の私刑

かげのりんち The Lords of Discipline
上映日
1984年11月10日

製作国
アメリカ

上映時間
100分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

士官学校で暗躍するサディスティックな集団に果敢に闘いを挑む士官候補生の姿を描く。製作はハーブ・ジャッフェとガブリエル・カッカ。監督は「さらば青春の光」のフランク・ロッダム。パット・コンロイの原作を基に卜ーマス・ポープとロイド・フォンヴィエールが共同で脚本を執筆した。撮影はブライアン・テュファーノ、音楽はハワード・ブレークが担当。出演はデイヴィッド・キース、ロバート・プロスキー、G・D・スプラドリンなど。日本版字幕は戸田奈津子。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

「影の私刑」のストーリー

1964年、初秋。カロライナ陸軍士官学校の新学期が始まろうとしていた。夏休みを終え、最上級生となるウィル(デイヴィッド・キース)は学校に戻った。ルームメイトのトラッドの家を尋ねると、カロライナ陸軍士官学校を優秀な成績で卒業したトラッドの父も顔をみせた。2人が学校の寮に帰ると、同室のピッグとマークも帰っていた。新入生の中に、開校以来初めての黒人生徒ピアース(マーク・ブレランド)がいた。ベア大佐(ロバート・ブロスキー)は、ピアースの力になってやるようにとウィルに言う。意気地のなかったウィルに軍人魂を教え一人前にしてくれた生徒監督の立場にある恩師の頼みとはいえ、それは全校生徒を敵にまわすことを意味しているも同然だった。厳しい規則のもとでの学習と教練が始まったが、予想どおりピアースと肥満児のポティ(マルコム・ダネー)が上級生のしごきのターゲットとなってしまう。ある夜、覆面姿の男たちがポティを部屋から連れ出し、彼に退学を迫った。ポティから、彼を連れ出したのはテンという謎の集団であることを聞いたウィルは、その存在を大佐にたずねた。そして、テンははみ出し者を制裁する秘密グループで、長年にわたってこの学校で暗躍していることを知る。その後まもなく、テンのリンチに怯えたポティが自殺した。テンの存在をつきとめることを決意したウィルは、ルーム・メイトの協力を得て、密かに活動を開始する。ウィルらは、弁護士のマッキンタイアが、かつてテンの一員だったことを聞き出して追求、テンがリンチをするために使っている「穴倉」と呼ばれる場所が、校長のデュレル将軍(G・D・スプラドリン)の農園の中にあることを知った。それを確かめようとウィルが農園に近づくと、建物から明りがもれ、中から悲鳴が聞こえた。中を覗くとピアースが拷問されていた。大声を出してテンのメンバーの名前を叫び、ピアースの窮地を救ったウィルは、逆襲に転じる。翌日、テンのボス、アレクサンダー(マイケル・ビーン)に、マスコミにテンの実態を話すと、宣戦布告するウィル。しかし、これは裏目に出てしまい、ピッグが盗みの容疑で学生の特別法廷で裁判にかけられ、退校処分を受けてしまった。自らも退学寸前という状況に追い込まれたウィルは、かつてテンのメンバーであったトラッドの父の日記帳から、歴代のテンのメンバーの名をみつける。そこには、デュレ将軍やトラッドの名もあった。翌日、怒りを胸に校長室の扉を開け、メンバーの公表と交換に、ピッグの再入学とテンの解散、そして校長の辞任を認めるよう迫った。校長は強く抵抗したが、ウィルと共に大佐にも詰め寄られたため、遂に要求をのんだ。軍服をたたみ、ピアースに笑顔をみせ、学校のシンボルである指輪を置き、静かに部屋を出ようとするウィルにベア大佐は指輪を投げて渡した。名誉のために生きる真の男だけがはめられる指輪が、若き勇者に贈られたのだ。(パラマウント映画=CIC配給*1時間40分)

「影の私刑」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「影の私刑」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984年11月10日
上映時間 100分
製作会社 ハーブ・ジャッフェ=ガブリエル・カッカ・プロ作品
配給 パラマウント映画=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「影の私刑」のみんなのレビュー

「影の私刑」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。