影を慕いて(1933)

かげをしたいて
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「世界拳闘王」「林檎の頬」のオット・クルーガーが主役を勤める映画で、「流行の王様」のF・ヒュー・ハーバートが書卸した脚本により「戦慄を追う男」のジョージ・B・サイツが監督し、「秘密」「霧笛の波止場」のレイ・ジューンが撮影したもの。主役クルーガーを廻って「光は野より」のユーナ・マーケル及びイザベル・ジュウェル、「南風」のアイリーン・ハーヴェイ、「霧笛の波止場」のベン・ライオン、「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンス、「暁の暴風」のC・ヘンリー・ゴードン、「若草物語(1933)」のサミュエル・S・ハインズ等が出演している。

「影を慕いて(1933)」のストーリー

酒飲みで兎角噂のある、然し腕のいい事では評判の弁護士ケント・バリンジアは女共に騒がれて浮いた噂は絶えなかったが、何故か真面目な恋もせず結婚もしなかった。キャザリンはケントの過去に或女に関する秘密のある事は気付いて居たが、それが何故だかは知らなかった。そうして彼女は密かにケントを恋していた。新たに彼の事務所に雇われたドリス・ウォジングの父親が殺人の嫌疑で引致された。ドリスに恋しているロージアはドリス共々ケントに弁護を頼んだがケントは余り興味を持たない様子だった。殺人の被害者と云うのはドリスの養母だったが其女の写真を見て以来何故かケントの態度がガラリと変った。彼は突如行方不明となったが一週間後或る墓地で泥酔の結果らしく半死半生の姿で発見された。彼の病が回復する頃ドリスの父親には有罪の判決が下された。ケントは病気回復後も酒ばかり飲んで評判を落し遂に法曹界から除名処分をうけた。彼は改めてギャング団専門の不正な顧問弁護士として名を売った。しかし彼が其処迄身を落したのは実はドリスの父親を救ける手段だった。殺人の被害者たるドリスの養母は実はケントの過去にあった問題の女性、つまり彼が一生を賭して恋し結婚迄した女だったが、或ギャングの親分トニイ・ペレスの誘惑によってケントの許を去ったのだった。ケントは内密の調査の結果彼女を殺したのも同じくトニイだと云う事が判ったので彼はトニイを事務所へおびき寄せ、高飛車にトニイに犯罪を自白させた。ドリスの父親は放免された。愛した女の為に復讐を遂げたケントも幸福だった。かくてドリスとロージア、ケントとキャザリンの二組の幸福な夫婦が出来上ったのである。

「影を慕いて(1933)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「影を慕いて(1933)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 M・G・M映画
レイティング

「影を慕いて(1933)」のみんなのレビュー

「影を慕いて(1933)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。