アーバン・カウボーイ

あーばんかうぼーい Urban Cowboy
上映日
1980年10月10日

製作国
アメリカ

上映時間
135分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

テキサス西部の田舎町で育った若者が、職を求めて都会に出て、夜の繁華街で知り会った娘と結婚。別居等様々な出来事を経て再び結ばれるまでを電機仕掛けのロデオ・マシーンやカントリー・ミュージックなどの風物を盛り込んで描く。製作総指揮はC・O・エリックソン、製作はロバート・エヴァンスとアービング・エイゾフ、監督は「チャイナ・シンドローム」のジェームズ・ブリッジス。アーロン・ラッサムの原作を基にジェームズ・ブリッジスとアーロン・ラッサムが脚色。撮影はレイナルド・ヴィラロボス、製作デザインはスティーブン・グライムスが各各担当。出演はジョン・トラヴォルタ、デブラ・ウィンガー、スコット・グレン、マドリン・スミス、バリー・コービン、ブルック・アルダーソン。演奏シーンでミッキー・ギリー、ジョニー・リーなどが出演。

「アーバン・カウボーイ」のストーリー

テキサス西部の田舎町で育った若者バド(ジョン・トラヴォルタ)は、都会ヒューストンに住む伯父のボブ(バリー・コービン)をたよって故郷を発った。ボブは石油工場の工員で、郊外にささやかな家をもち平安に暮らしていた。彼のおかげでバドは職にありつきこの町の生活にまたたく間にとけこんでいった。ある夜、バドは、伯父夫婦に案内されて行った、この町の名物バー“ギリーズ”でシシー(デブラ・ウィンガー)という美しい娘と知り会う。テキサス独特のダンスを2人で踊るうちに、彼らは早くもお互いに愛情を感じた。勝気なシシーに熱を上げたバドは、早ばや求婚し、そして結婚へ。新婚ほやほやの2人は、ギリーズで機械仕掛けのロデオ・マシーンに夢中になり、毎晩通うが、ある日そこで、仮釈放で刑務所から出てきた男ウエス(スコット・グレン)の挑戦的な視線にぶつかる。彼は、男まさりの魅力的なシシーに目をつけたのだ。気が気でないバドは、昼間、工場で足を踏みはずし、あわや転落死という目に遭うが、その頃、シシーはウエスの指導でロデオ・マシーンに夢中になっていた。骨折のため工場をクビになったバドは、ギリーズで仲のいいシシーとウエスを目にし、当てつけにパム(マドリン・スミス)という美しい女性に接近した。パムは山の手に住む金持ちの実業家の娘で、粗野なバドに惹かれたのだ。パムと同棲生活をはじめたバドは、ウエスの鼻をあかすために、ギリーズで開催される“ロデオ・コンテスト”の優勝を目ざして特訓をはじめた。一方、仲直りを求めたシシーは、パムの邪魔で不成功に終わり、バドへの想いを抑えてウエスと暮らしていた。ある日伯父のボブが作業中の事故で命を落とし、その葬式の日、久しぶりにバドとシシーが再会した。しかし、シシーはバドに、ウエスが優勝したらその賞金でメキシコに行くつもりだと告げ、2人の仲は好転しなかった。コンテストの日、トップの五人に残ったバドとウエスは、全力を尽くしてロデオ・マシーンを操るが、バドが逆転優勝を飾り、敗けたウエスはその場を去った。ウエスはピストルを武器に賞金を襲い、逃げるところをバドに捕えられた。パムは、バドの気持ちがシシーだけに向いているのを悟り、2人の仲を邪魔した件を告白し、バドに別れを告げた。パムの告白でシシーの本心を知ったバドは、駐車場でウエスを待っていた彼女に手をさしのべ、やさしく笑いかけるのだった。

「アーバン・カウボーイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アーバン・カウボーイ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1980
公開年月日 1980年10月10日
上映時間 135分
製作会社 ロバート・エヴァンス/アービング・エイゾフ・プロ作品
配給 パラマウント映画=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「アーバン・カウボーイ」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。