十手舞

じってまい
上映日
1986年9月20日

製作国
日本

上映時間
116分

ジャンル
時代劇

ここが見どころ

影十手となって悪を闇から闇に葬る女性の姿を描いた時代劇。「週刊サンケイ」連載の五社英雄、森幸太郎原作の劇画の映画化で、脚本は「薄化粧」の古田求、監督は同作の五社英雄、撮影も同作の森田富士郎がそれぞれ担当。主題歌は、世良公則(「Against The Wind」)。

みんなのレビュー

「十手舞」のレビューを書く

「十手舞」のストーリー

江戸時代、影十手と呼ばれる町奉行さえも手を出せない大きな悪を闇から闇に葬るものたちがいた。江戸伝馬町牢屋敷では、犯科帳で斬罪が申し渡された弥助たちが、江戸町奉行、内海孫兵衛の眼の前で影十手となる。20余年後、松平周防守は渡海赦免状(貿易許可証)を捏造して、江戸に棲む回般間屋叶屋源四郎に与え、そこを隠れ蓑に国禁であるところの抜け荷をやらせ藩の財政を裏から支えようとしていた。弥助たちは松平を叩き落とすため、動かぬ証拠である海渡赦免状を手に入れようとする。弥助は松平の手先、牙の伝蔵の情婦、お蝶と出会う。彼女は弥助が捨てた妻お咲と瓜二つだった。実は弥助の娘だったのである。母と自分を捨てた父親を憎んだお蝶は、その後死んだお咲の仇を討つため、弥助を倒す覚悟でいた。そのために弥助の敵、伝蔵の配下となったのだ。二人の再会を蔭でのぞき見た薊のおれんの通報でそのことを知った伝蔵は、お蝶をおびき寄せる。弥助たちは拷問にあい絶命、伝蔵も死にお蝶は捕えられた。死刑を宣告された彼女に、孫兵衛は弥助のやり残した大仕事を片づけるため影十手になれとせまる。父に人間の悲しさを見たお蝶は十手を握る。一方、源四郎は下女の帯締めに隠された渡海赦免状を捜していた。いきさつを知らない妻花絵が人手に渡してしまったのである。源四郎の目付、佐吉はおれんを使い捜索を続行させた。殺されたおちかという女の帯が例のものだとにらんだおれんは、それを握る同心柿崎を尾行した。片や同じ帯締めをねらうお蝶も柿崎に近づき、帯を手にしたのもつかの間、叶屋の手先が現われ闘いとなる。帯締めはまん中でぷつりと切れ、半分づつお蝶とおれんの手に渡った。お蝶を罠にかけ帯締めの半分を手に入れたおれんは、浜田藩家老頼母と合議して、源四郎を始末することにした。藩に捨てられた源四郎に同情したお蝶が彼を救う。お蝶と源四郎はおれんに殴り込みをかけ、おれんは壮絶な死を遂げた。赦免状をどうしても欲しければ自分を殺せというお蝶に源四郎は斬りかかるが、お蝶の鞭の前に倒れる。

「十手舞」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「十手舞」のスペック

基本情報
ジャンル 時代劇
製作国 日本
製作年 1986
公開年月日 1986年9月20日
上映時間 116分
製作会社 松竹=五社プロ=映像京都
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「十手舞」のみんなのレビュー

「十手舞」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません