帰って来たE.T.

かえってきたいーてぃー
上映日
1988年8月13日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

愛を求めて地球のある小さな村にやってきたE.T.が巻き起こす騒動を描く。製作はホセ・フレイド、監督・脚本はロイ・ギャレット、共同脚本はジョン・L・マーティン、撮影はアレックス・ウロア、音楽はフランコ・キャンパニノが担当。出演はアゴスティナ・べリ、マーティン・バルサムほか。
愛を求めて地球のある小さな村にやってきたE.T.が巻き起こす騒動を描く。製作はホセ・フレイド、監督・脚本はロイ・ギャレット、共同脚本はジョン・L・マーティン、撮影はアレックス・ウロア、音楽はフランコ・キャンパニノが担当。出演はアゴスティナ・べリ、マーティン・バルサムほか。

「帰って来たE.T.」のストーリー

カリフォルニアの小さな村のはずれに着陸したUFOが、数個のカプセルを残して去って行った時、小学校で歌を教えている盲目のジェニー(アゴスティナ・ベリ)は、何か不思議な力を感じていた。彼女は友人のジャーナリスト、エヴリン(シルヴィア・トルトサ・デイヴィス)と牧師(マーティン・バルサム)に連れられ、カプセルのある所まで行き、そこで怯えた小さなE.T.と出会う。警察がッ彼′を探している中、3人はE.T.を教会にかくまうことにするが、いたずら好きの“彼”は、さまざまなトラブルを引きおこす。しかしそんな“彼”も優しい心を持っていた。やがて宇宙からの謎の物体を危険とみなす警察は、軍隊を導入して、ついにE.T.のいる教会へ踏み込んだ。しかし“彼”を正式に引き渡すようにと、牧師が決断を迫られたとき、すでにE.T.は教会を脱出していた。安全なカプセルに向かうE.T.が、今しも“彼”のエネルギーは尽きようとしていた。

「帰って来たE.T.」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「帰って来たE.T.」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1988年8月13日
製作会社 カルバス・インターナショナル作品
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「帰って来たE.T.」のみんなのレビュー

「帰って来たE.T.」のレビューを書く