怪盗大旋風

かいとうだいせんぷう Never A Dull Moment
上映日
1970年2月28日

製作国
アメリカ

上映時間
99分

ジャンル
コメディ アクション

ここが見どころ

ギャグとアクションのスリラー・コメディ。監督には映画出演は初めてのジェリー・パリスが当たっている。またジョン・ゴディの原作をもとにA・J・キャロザーズが脚色しウィリアム・スナイダーが撮影を担当。音楽はロバート・F・ブランナー、製作はベテランのロン・ミラー。出演は「南海征服」のディック・ヴァン・ダイク、「盗みのプロ部隊」のエドワード・G・ロビンソン、「シャム猫FBI ニャンタッチャブル」のドロシー・プロバイン、そのほかヘンリー・シルヴァ、ジョアンナ・ムーア、トニー・ビルなどが共演。

「怪盗大旋風」のストーリー

チョイ役専門の俳優ジャック(ディック・V・ダイク)はある晩、チンピラのフローリアン(トニー・ビル)に、ボスのジョー(エドワード・G・ロビンソン)が雇った殺し屋と間違えられ、車で連れて行かれてしまった。彼らの計画は美術館の“ひまわり”の名画を盗み出し、それを脅しの材料にして、ジョーの死後、美術館の名称を彼の名に改めさせようということだった。ジャックは味方に引込もうと、絵の先生サリー(ドロシー・プロバイン)に近づこうとしたが、ジョーの妻君のメラニー(ジョアンナ・ムーア)の寝室に間違えて侵入し、ほうほうのていで逃げ出した。そんなある日、ついに本物の殺し屋エースが到着した。だがサリーの助力によって、ジャックはきわどいところで本物になりすますことができた。計画は予定通り実行されたが、サリーの通報と、ジャックのどたばたの活躍でボスをのぞくフランク(ヘンリー・シルヴァ)ら一味は一網打尽となった。そして仲間を待っていたジョーの所へ来たのはひまわりの名画の代わりの警官を入れたトラックであった。

「怪盗大旋風」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「怪盗大旋風」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ アクション
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1970年2月28日
上映時間 99分
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロ
配給 ブエナ ビスタ
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
音量 モノラル

「怪盗大旋風」のみんなのレビュー

「怪盗大旋風」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません